米英仏、証拠が曖昧なまま空爆に踏み切る シリアの化学兵器使用疑惑

シリアの首都ダマスカスを標的とした4月14日の空爆(AP Photo / Hassan Ammar)

 アメリカ、フランス、そしてイギリスは、シリアへの空爆は反政府勢力の支配地域であるダマスカス郊外で化学兵器が使用されたと思われるアサド政権軍の攻撃に対する対応である、という内容の声明を出した。しかし、その3か国のいずれも、シリア政府と4月7日の化学兵器を使った攻撃との関係を明らかにし得る証拠を公開してはいない。

 シリアおよび同国と軍事同盟を結ぶロシアは化学兵器を用いた攻撃を否定し、査察官が現場を訪れて検証したが、証拠は何一つとして発見されなかった、と発表した。西側諸国の当局者は、この主張を真っ赤な嘘であるとして退け、現地で活動する救援団体から報告のあった攻撃では、塩素ガスと猛毒の神経ガスのサリンが使用され、ダマスカス近郊のドゥーマで40人が窒息死した、と強く主張した。

 イギリス、フランスおよびアメリカは、公的に入手可能な公開情報と出自が不明な機密情報を化学攻撃が行われた主な証拠として引用し、国際査察チームが調査を実施する前にアメリカが主導して空爆を行った。

                                                                                                                 

 4月13日に空爆が行われた時、化学兵器禁止機関(OPCW)が派遣した事実調査チームは、攻撃の現場となったドゥーマへ入り、調査を行う予定になっていた。アメリカ合衆国のジェームズ・マティス国防長官は、ミサイル攻撃を行った後の記者会見で、少なくとも1種類の化学薬品が使用された、と断固として主張したが、詳細は明らかにしなかった。

「私は、シリア独裁政権が先週、何の罪もない人々に対する化学攻撃を行った、と確信している。そして、その確信は揺るぎない。さらに我々は、空爆を実施する必要があった、と判断するに足りる十分なレベルの機密情報を得ている」とマティス氏は話した。

 そして、使用されたのは神経ガスあるいは塩素ガスだったのかを問われ、マティス氏は、「我々は少なくとも化学物質が1種類使用されたことを確実に把握している。さらに複数の化学物質が使われた可能性もある。その点についてはまだ完全には明らかではない。我々は、少なくとも1種類の化学兵器が使用されたことを把握している」と説明した。

 4月14日、アメリカ国防総省のスポークスウーマン、ダナ・W・ホワイト氏はマティス氏と同様に化学兵器が使用された証拠について明言を避けた。

「様々な情報があるが、それについてはコメントしない」とホワイト氏は切り出し、「しかし、さらに多くの証拠が得られて詳細が判明したら、再び談話を発表したい」と語った。

 アメリカが攻撃を正当化するための証拠を示さないまま空爆に踏み切った理由を問われ、ホワイト氏は、「その点については、我々が把握している様々な機密情報と大いに関係がある。できることならば、私も喜んでその証拠を開示したいと思う。しかし、我々が下した決断については、絶対的な自信を持っている」と話した。

 情報の分析に関して、匿名で公に発表することを要求したアメリカ政府高官の1人は14日、「塩素ガスが使用されたことを示す入手可能な情報ははるかに多いものの、その一方で、我々はサリンが使用されたことを指摘する重要な情報も入手している」と話した。

 そして、「各メディア、NGO、および他の公開された情報源からの報告で得られた情報の中に、サリンの使用を示唆する症状が見られる」と言葉を加えた。

 フランス政府は14日、出自が不明な機密情報や公的に入手可能な公開情報に基づいて軍事的な対応を開始した、と発表した。その情報には、「シリアが行った攻撃の数時間から数日後、特別に用意されたウェブサイト、時事報道、およびソーシャルメディア上で自然発生的に知り得るようになった証言、写真および動画など」が含まれる、とした。

 フランスの専門家たちは、化学薬品の同定につながるサンプルの入手は出来なかったが、発表された写真や動画を入手して攻撃の被害に遭った人たちの症状を分析した結果から下した判断であるという。そして「その症状は、明らかに化学兵器による攻撃が行われたことを示すものだ」と結んでいる。

 報告書によると、フランスが入手した情報は「4月7日の化学兵器を使った攻撃は、シリアのバッシャール・アサド政権軍によるものと判断する十分な証拠を形成するに足りるものだ」とし、「シリア政権軍の武装勢力による化学攻撃と判断する以外の妥当な選択肢は一切無い」と結論付けた。

 軍事作戦について協議する立場になかったフランス大統領府の最高幹部の1人は14日、フランスは化学物質のサンプルを入手していなかった、と匿名で明らかにした。この幹部は、地上における証拠の収集が「明らかに困難なこと」を強調し、シリアの化学攻撃の痕跡をロシアの関係者が極めて速やかに「隠滅を図った」可能性を示唆した。

 フランスのエマニュエル・マクロン大統領は、4月16日の記者会見の席上、シリアでの軍事活動は、「バッシャール・アサド政権軍が化学兵器を民間人に対して使用した証拠を地上で収集するために必要な対応」である、と述べた。

 一方、イギリスは、入手し得た機密情報や公開情報に基づき、シリアが化学兵器を用いて攻撃を行ったと断定している、と語った。

 イギリスのテリーザ・メイ首相は、同国が事態の掌握に用いた機密情報の詳細は明らかにできない、としながらも、空爆を実施するに至った判断は「シリア独裁政権が化学攻撃を行った張本人であることを示す機密情報も含めて形成された十分な証拠」に基づいて下したものだ、と言った。

 また、メイ首相は、「信頼のおける機密情報」によって、シリア軍当局者が攻撃時に塩素ガスを使用するよう事前に調整していたことを把握した、と述べた。野党であるイギリス労働党の党首、ジェレミー・コービン氏は、この状況と同国のとった対応に難色を示し、連合軍が行った空爆を「法的に問題のある」行為だと語る。

 メイ首相は、燃料や爆薬、金属片がぎっしり詰まった大型の容器である樽爆弾が塩素ガスを詰めた化学兵器としても使われ、シリア政権のヘリコプターがドゥーマへの攻撃時に市街地の上空で静止していた、と述べた。そして、シリア反体制派は、樽爆弾もヘリコプターのいずれも使用していない、と付け加えた。

 化学兵器禁止機関(OPCW)のアフメト・ウズムジュ事務局長は、4月16日、同機関の調査チームはまだドゥーマに入っていない、と話し、ダマスカスのシリアとロシアの当局者が「安全保障上の懸案事項がまだ残っている」と調査チームに伝えた、と言った。

 国連は、OPCWが派遣した事実調査チームの任務遂行のために「必要な安全確保」を手配した、との談話を発表した。

By ELENA BECATOROS, Associated Press
Translated by ka28310 via Conyac

Text by AP

Recommends