「奈良公園は世界一の魔法の国」 キュートで凶暴な鹿の虜になる外国人観光客続出

 奈良公園に魅力を感じる外国人旅行客が増えている。京都からの近さに加えて、広大な自然の中に神社仏閣が散在する開放感は他にあまり類を見ない。また、キュートでフレンドリーな鹿の虜になる観光客が続出しているようだ。旅行サイト『トリップアドバイザー』で5段階中最高の「とても良い」とレビューした人の割合も、日本語によるレビューでは36%に留まるのに対し、英語・中国語ではどちらも60%以上で、「良い」も含めると95%近くとなる。訪日外国人からの満足度は非常に高いようだ。

◆おじぎをする“礼儀正しい”奈良の鹿
 一番の人気者は公園内の鹿たちだ。奈良の鹿は人間に向かっておじぎをすることで知られる。オーストラリアの『news.com.au』では、記者が実際に奈良公園を訪れ、食べ物をねだりおじぎをすることを紹介している。おじぎを愛する礼儀正しい日本人からの影響かも、と茶目っ気ある分析をしている。

                                                                                                                 

 動物のおじぎは海外でも不思議に思われているようで、トリップアドバイザーのフォーラムでは、海外ユーザらが理由を議論していた。宮島の鹿はおじぎをしないことから、鹿としての習性ではなく、餌を得るために学習したという見方が有力のようだ。

 アメリカNBC系列の『ブラボーTV』の記事でも、「奈良公園はおそらく地球上で最もマジカルな場所だ(ごめんねディズニー!)」という賞賛ぶりだ。アメリカで一般的な鹿よりも驚くほど小さいという。日本人にとっては一般的なサイズだが、欧米人にはキュートなルックスと映ることも人気の秘密のようだ。

Text by 青葉やまと

Recommends