ネパール、国の威信をかけて宣言「世界一番で2022年までに虎倍増」

ネパール、バルディア国立公園内、じっと睨み返すベンガルトラ。撮影:サガル・ギリ。許可を得て使用。

著:Sanjib Chaudhary ネパールが2022年までに野生の虎の生息数を倍増させるという計画に、自然保護主義者達は前向きだ。成功すれば世界初ということになる。自然保護の日である2018年9月23日、ネパール政府は現在国内に235頭の野生虎が生息していると発表した。2009年、ネパールに存在する虎はたったの121頭だったのだ。

                                                                                                                 

ネパールの最新虎個体数情報を発表。ジャジャーン!ネパールのベンガルトラ生息数が235頭。2009年と比べて94%増加という驚くべき数字だ。この絶滅危機にある猫の一族の存続を助けられたことを誇りに思う。自然保護と観光事業にとっても朗報だ。—駐在大使 マイケル・C. ゴンザレス

 2010年にロシア、サンクトペテルブルクにて開かれた世界虎保護会議において、ネパール政府の他インド、ロシア、ブータン政府も2022年までに虎の数を倍増させると誓った。

 虎はヒンドゥー教の神話において、力の女神、ドゥルガーが乗る動物として崇拝される虎は、常に保護されるべき種であった。力と勇気の象徴の虎であるが、獲物となる生きものの減少、密猟、生息地の破壊や退化などの脅威に直面してきた

かつては9種の虎(ベンガル、シベリアン、インドシナ、南中国、スマトラン、マレーシアン、カスピアン、ジャワとバリ)が、トルコから東南アジアにかけて13国で生息していた。そのうちカスピアン、ジャワとバリの虎は既に絶滅している。ネパールはベンガルトラで知られている。

 1900年代初期、野生の虎は約10万頭いた。地球上の虎の概算数は、今現在3900頭ほどとされている。そのうちインドが世界一の数、2226頭を誇る。

 ネパール国内で虎が生息しているのはチトワン国立公園、バルディア国立公園、バンケ国立公園、シュクラファンタ国立公園とパルサ国立公園だ。中でもチトワン国立公園は、2015年、世界で初めて「虎保護基準保証」(CAITS)に認められた公園だ。

Text by Global Voices