写真で野生動物の保護を訴えるネパール人カメラマン

水浴するサイ、チトワン。写真はサガ―・ギリによる。掲載許可済み。

著:Sanjib Chaudhary

 サガー・ギリは、身近で目にする写真に感心したことなどなかった。ぼやけていたり、被写体の配置が悪かったり、または色あせたものだったからだ。そこでサガーは自分のカメラを持ち歩き、文句なしのいい写真を撮ろうと思った。

 当時はまだ子供だったが、28歳になった今日、サガ―はネパールの野生動物を国際舞台へ送り出そうと励んでいる。そして、チトワン国立公園に隣接するサガーが生まれ育った町は、ネパールの野生動物への関心を高める写真を撮るのに最適な場所である。サガーは、この素晴らしい地域にいることがどれほど仕事の助けになっているかを、フェイスブック上で説明した

                                                                                                                 

私は世界自然遺産であるチトワン国立公園の外れに住んでいます。野生動物の追っかけカメラマンにとって、こんないいことはありませんよ。

 今日家で休んでいたら、チトワン・ガイダ・ロッジでマネージャーを務めるナバラスさんが突然電話をかけてきました。ナバラスさんは、ヒョウがラプティ川の川辺にいることを私の父から電話で聞いたのです。この川のダムは、観光地のソウラハからほんの数分離れたところにあります。私はすぐにカメラを持って走り、数分後にはそこに到着しました。父は、川の向こう側にいるヒョウをじっと見ていて、遠く離れた所にヒョウがいるのを私に教えてくれました。そして私はすぐにシャッターを切り始めました。

 サガ―は、ネパールの自然を世界に認識してもらうため政府と共同で取り組みたいと熱望しており、野生動物は見た目ほど恐ろしいものではないという意識が広まることを望んでいる。サガ―ならそのことを分かっているはずだろう。というのも、以前トラにばったり遭遇したことがあったからだ。

トラはヒツジが何を考えていようと気にしないものです。夜は遅く、辺りは暗くなっていて、動物や鳥にとってはもう寝る時間でした。暗かったので私も家へ戻っていると、突然茂みから密林の王が現れました。互いの姿をみとめるとすぐにトラは座り込み、サラソウジュの間から私をじっと見つめていました。

 サガーは野生動物保護の必要性を感じ、自身の写真に「 i click for conservation 」(保護のためにシャッターを押します)というロゴを載せている。しかし、ネパールの自然と野生動物のPRに向けた情熱を実現するのは、いつも簡単にいくわけではない。サガーは大部分をテントで生活しながら、バーディア国立公園でカワウソを撮影するために22日間待ち続けた。トラの姿をとらえるには最大12日間費やし、ロッジの近くに生息している鳥の完璧な写真を撮影するのには6〜7日間かかった。

 以下でサガーの写真を見てみよう。

アカアシトキ 、チトワン国立公園。写真はサガー・ギリによる。掲載許可済み。

アジアスイギュウ(ネパール語で「アーナ」)、チトワン国立公園。写真はサガー・ギリによる。掲載許可済み。

キタカササギサイチョウ、チトワン。写真はサガー・ギリによる。掲載許可済み。

ヒマラヤハゲワシ、ナワルパラーシ郡ピタウリのジャターユ・レストラン。写真はサガー・ギリによる。掲載許可済み。

ビロードカワウソ、バーディア国立公園。写真はサガー・ギリによる。掲載許可済み。

カワセミ、ソウラハ、チトワン。写真はサガー・ギリによる。掲載許可済み。

エジプトハゲワシ、ポカラ。写真はサガー・ギリによる。掲載許可済み。

ミサゴ、ナワルパラーシ郡ピタウリ。写真はサガー・ギリによる。掲載許可済み。

ベンガルトラ、チトワン国立公園。写真はサガー・ギリによる。掲載許可済み。


This article was originally published on Global Voices(日本語). Read the original article.
Translated by Kouhei Kanou(jp)
Proofreading:Yuko Aoyagi,Miki Masamura.

Text by Global Voices

Recommends