ロサンゼルス、毛皮製品の販売禁止へ 条例の草案作成が決定

AP Photo / Richard Vogel

 世界の主流となるファッションの中心地の1つであるロサンゼルスは長きにわたり、煌びやかで誰もがうっとりする魅力の象徴であり続ける都市だ。そのロサンゼルスが、新品の毛皮製品の発売を禁止する措置に踏み出そうとしている。この動きによって、ロサンゼルスは毛皮製品の販売を禁止する全米最大の都市となる。

 18日、毛皮製品の販売を禁止する法律の草案作成が市議会で支持された。市会議員たちは投票を行い、新品の毛皮製品の生産と販売を禁じる条例の草案作成を満場一致で市の法務官に指示する決定を下した。この条例は、最終承認を得るために市議会に提出されることになる。

 市会議員のボブ・ブルームンフィールド氏は、「これは単なる喜ばしい立法上の勝利ではない。道徳上の勝利だ。この種の不必要な残虐行為をなくすことは、人として、または、市として大きく進歩しているように感じる」と語った。

                                                                                                                 

 また、この投票は、市の法務官にいくつかの調査項目に関する報告を行うよう求めた。それらの項目には、合法的に捕獲された動物から得た毛皮製品の販売に関する連邦法と州法の潜在的な不一致の洗い出しに加え、法の適用が除外されうる事例や宗教団体が毛皮の服飾を利用している様態の明確化が含まれる。

 毛皮の販売禁止は、条例が最終的に認可された2年後に施行される。

 衣服、ハンドバッグ、靴、帽子、耳あて、宝飾品類およびキーチェーンなど、全体もしくは部分的に毛皮を用いた服飾製品が販売禁止の対象となる。中古品の毛皮製品のみが販売可能である。

 市会議員のボブ・ブルームンフィールド氏とポール・コレッツ氏がこの決議案を提出した。

 ブルームンフィールド氏は、2018年に毛皮を身にまとう必要はないと述べ、「陽光が降りそそぐこのロサンゼルスでは、まちがいなく毛皮は不要だ」と言った。

 コレッツ氏は「動物を飼育し、その後、無用な虚栄心を満たすために動物を殺傷することは完全に人の道を踏み外している」と語った。

 動物の倫理的扱いを求める人々の会のキャンペーンマネージャーを務めるクリスティーナ・スウェル氏は、ロサンゼルスで毛皮製品の販売を禁止する動きは国民的な運動の一部であると述べ、「毎年、数百万もの動物たちが毛皮を剥ぎ取られるために殺されており、我々は、遅々とした歩みではあるが、ここアメリカでこの状況を変えていこうとしており、少しずつ前進している。我々は、アメリカのすべての都市で毛皮製品の販売が禁止されるようになるまで、この歩みを止めない」と語った。

 ロサンゼルスに隣接するウエストハリウッドやバークレイ、サンフランシスコも既に毛皮の販売を禁止しているが、それぞれの禁止条例にはいくつかの相違点がある。ウエストハリウッドの条例は、州法の下で合法的に捕獲された動物の毛皮であれば、販売禁止を免除するよう変更された。

 マイケル・コース、アルマーニおよびグッチなど大手のファッション企業も毛皮を使用しない方針を打ち出している。今月初旬、バーバリーは、天然毛皮の販売を停止すると発表した。

 活動家たちは、動物たちが残酷な状況下に置かれ、拷問のような苦痛を伴いながら次々と殺されていると主張し、毛皮産業を非人道的であると非難している。満場一致の投票が行われる前、女優のマギー・Qやジョアンナ・クルパ、ノー・ダウトのベーシストであるトニー・カナルら数多くの有名人がロサンゼルス市庁舎の外で行われた記者会見に参加し、毛皮製品の販売禁止の支持を表明した。

 毛皮製品の製造および販売の業界団体、「ファーインフォメーション・カウンシル・オブ・アメリカ」の報道官、キース・カプラン氏は、非難を否定し、市議会の動議は「虚偽と誤った調査」に基づいて提出されたものだと語った。

 カプラン氏は17日、ロサンゼルスで毛皮の販売が禁止されれば経済的な悪影響が生じかねないと述べ、「ロサンゼルスではたくさんの毛皮が販売されている。毛皮は500以上のデザイナーズコレクションで使われており、靴やハンドバッグにも使われている。だから、もちろん雇用に悪影響が及ぶし、税収にも影響を与えることだろう」と語った。

 カプラン氏は、最も最近の統計によると2014年には、毛皮販売業の売上高は世界全体で358億ドルに達し、毛皮業界は100万人以上を雇用したと語った。

 コレッツ氏は、この販売禁止で毛皮業界は明らかに混乱するだろうが、移行期間を設けることで、販売禁止への円滑な移行が可能になるだろうと述べ、「この措置は遅きに失した感がある。今日、即座に毛皮の販売を禁止しなければならない。我々はアメリカの他の都市、ひいては世界中の他の国々に手本を示すことになるだろう」と語った。

By ARIEL TU, Associated Press
Translated by ka28310 via Conyac

Text by AP

Recommends