産休から復帰、ニュージーランド首相インタビュー 「国民のニーズに応える」

Derek Henderson / Jacinda Ardern via AP

 授乳。おむつの交換。寝かしつけ。

 6月に第一子を出産したニュージーランドのジャシンダ・アーダーン首相(38歳)にとって、目下最大の関心事はこの3つだ。生まれたばかりの赤ん坊を世話する機会を持ったことで、幼い子どもを持つ人々がなぜ政治に目を向ける余裕がないかを理解できたという。

「政治に関心があるか否かはさておき、国民のニーズに確実に応えることが私たちの仕事です。その思いが私の中で大きくなっているのです」

                                                                                                                 

 娘のニーブちゃんを出産後6週間の休暇を取得し、8月2日から職務に復帰したアーダーン首相は同日、オークランドに所有するバンガローでAP通信のインタビューに答えた。

 近代において任期中に出産した2人目の、そして産後休暇を取得した初の公選首相となったアーダーン首相は、世界中の働く母親たちに感動を与えた。彼女の元へ、遠くオランダやインドの母親たちからも祝福の便りが届いたという。

 産後休暇を終えたアーダーン首相は、これから主にニーブちゃんの世話をすることになるパートナーのクラーク・ゲイフォード氏と、効果的な役割分担ができることを証明したい、と意気込みを語った。

「復帰して公約を果たしたいと思っています」

 一国の首相でありながら働く母親のロールモデルとなることにプレッシャーを感じるか尋ねると、親になれば誰でも多かれ少なかれプレッシャーを感じるものだと答えた。

「私はたまたま公職にありますので、その一点が違っていると思います。でも、いつか、公人であることが違いではなくなってほしいですね」

 家族支援のための明確で重点的な取り組みが必要だという見解を強めた以外は、親になったことで特定の政策に関する考えは変わっていないという。国民の希望に応えることこそ、彼女が抱くこの国のビジョンだ。

「私たちは未熟ですがクリーンだと自負しています。私たちは公正で、社会的正義感に溢れ、政治を刷新できると信じています。実際は、その実現のために実行しなければならないことが山積みなのですが」

 アーダーン首相はより強い国家をつくるビジョンを持っているが、ニュージーランドは共和国になる段階ではない、と言う。

 現在もニュージーランドの国家元首を務めるエリザベス女王が統治するイギリスとの憲法上の関係を断つ前に、先住民のマオリ族に対する歴史上の不正に取り組む段階を終える必要がこの国にはあると考えている。

「現時点では、共和制施行はニュージーランドの優先事項ではありません」

 国外の出来事について、米朝首脳会談の開催と朝鮮戦争で不明となった米兵の遺骨返還は世界に希望を与えたと述べた。

「やはり、非核化の実現に向けてさらなる取り組みが必要です。世界中が固唾を呑んで見守っているのではないでしょうか」

 アーダーン首相がロシアとトランプ政権の関係に巻き込まれることはないだろう。

「両国で対処すべき関係ですからね。もちろん、各国の首脳と同様、政治的見地から動向をしっかりと見守っています」

 アーダーン首相は、過熱する米中の貿易摩擦に懸念を示している。

「明らかに報復的な貿易戦争を目の当たりにし、それが私たちを巻き込みかねないという可能性については当然、ニュージーランドだけでなく多くの国々の関心事でしょう」

 世界貿易機関(WTO)が提供する法に基づく貿易制度と安全保障を、ニュージーランドは信頼していると語った。

 任期中に出産した首相は、1990年に長女のバクタワーさんを出産したパキスタン元首相の故ベナジル・ブット氏以来、2人目だ。
 
 産休中は、十分に休養できたと感じているアーダーン首相。

「役割分担しているので、よく眠れています。とても感謝しています。クラークのおかげです。私たちは共同で仕事をしているのです」

By NICK PERRY, Associated Press
Translated by Naoko Nozawa

Text by AP

Recommends