アメリカで台頭する「民主社会主義」 中間選挙への影響を危惧する反トランプ派

Jaime Green / The Wichita Eagle via AP

 2016年の米大統領選、およびその後の「ロシア共謀疑惑」や、ドナルド・トランプ大統領による「ノー・トレランス(不寛容)政策」に嫌気がさした一部のアメリカ人たちが、「民主社会主義(Democratic Socialism)」なる新派に注目している。社会主義者を自認し、民主党大統領候補の座をかけてヒラリー・クリントン元国務長官と争ったバーニー・サンダース上院議員が率いる潮流である。

◆NY民主党予備選で28歳の民主社会主義者が当選
 今年6月、ニューヨーク州ニューヨーク市、クイーンズ地区の民主党下院予備選で、政治経験のない女性新人アレキサンドリア・オカシオ・コルテス氏が同地区選出で20年の政治経験を持つジョー・クロウリー議員を破り当選し、一躍脚光を浴びた。コルテス氏は11月に行われる総選挙で共和党候補と同州選出下院議員の座を争うことになる。

                                                                                                                 

 NBCニュースの報道(6月26日付)によると、28歳のコルテス氏は「Democratic Socialists of America(米民主社会主義者会)」の会員。クイーンズ地区はプエルトリコ系などラテン系アメリカ人の多い地区で、白人のクロウリー議員より、自らもラテン系、しかも労働者層であるコルテス氏の方が住民たちの共感を得たのだろう。

 コルテス氏の予備選勝利後、まだ若く勢いのある同氏の存在と民主社会主義は、民主・共和両党から大きな注目を浴びる結果となり、同氏は様々なテレビ番組やニュースに引っ張りだこになっている。不気味なのは、FOXニュースのコメンテーターや共和党右派がコルテス氏とサンダース議員の台頭を歓迎している様子さえあることだ。

◆前FBI局長が民主党に警告
 政治情報サイト『RealClearPolitics』によると、7月18日付ロイターの2018年の総選挙に関する世論調査で、現在民主党が共和党を9ポイントリードしている。また、一般的には共和党寄りの州でも民主党議員が世論調査でかなり健闘している。

 同サイトによると、右派寄りのウエストバージニア州では、16日付の調査で現職の民主中道派ジョー・マンチン上院議員が共和党候補のパトリック・モリッシー氏を10ポイントリード。また深南部テネシー州でも、同日調査で民主党のフィル・ブレデセン同州元知事が共和党のマーシャ・ブラックバーン氏を6ポイントリードしている。

 これら右派寄りの州では、少なくとも今の時点では進歩的過ぎるとも言える「民主社会主義」は、自分たちへの脅威としてしか映らないはずだ。そして、2016年と同様、2018年の総選挙でも、コルテス氏が当選した左派寄りのニューヨーク州ではなく、これら右派寄りの州こそが民主党、そして国の命運を決定するのである。

 米連邦捜査局(FBI)のジェームズ・コミー前局長は16日、「この国の価値観を信じる人すべては、この秋(11月の総選挙で)民主党に投票しなければならない」とツイッターで述べた。コミー氏は共和党員だが、トランプ大統領とは敵対関係にあり、「トランプ党」となりつつある共和党の現況を嘆く1人である。

 そのコミー氏は21日再びツイッターで、「民主党よ、お願いだから正気を失って社会主義に走らないでくれ。この(トランプ)大統領と共和党はそうなることを待ち望んでいる。アメリカの大半を占める中道派は、賢明でバランスの良い倫理的なリーダーシップを望んでいる」と述べた。コミー氏は、民主党内で社会主義派が増加することにより党が分裂し、民主党自体が弱体化するうえ、民主党に投票する可能性もある独立派と共和党中道派の心が離れることをトランプ大統領と共和党が望んでいると訴えているのだ。

◆リベラル過ぎる思想で再び「民主主義の危機」に
 米紙ニューヨーク・タイムズのコラムニスト、ブレット・スティーブンス氏は7月6日の同紙意見欄で、「『民主社会主義』はひどいスローガンであり、政策として致命的なものだ」「民主主義の危機は、中道派が末端に屈曲する際に起こり、末端が中道派に屈曲する際に起こるのではない。トランプ氏はこうして大統領になったのだ」と述べている。

 今後、この「民主社会主義」が急速に台頭し、一部のアメリカ人がこのムーブメントに踊らされ、残りのアメリカ人を無視して先走ることにより、アメリカの政治危機が今後も続く可能性がある。

Text by 相馬佳

Recommends