「バイオテロから国民を守る」 初の天然痘治療薬、米当局が認可

CDC/ Fred Murphy / Wikimedia Commons

 米食品医薬品局(FDA)は、天然痘治療に効果がある初の医薬品として、TPOXX(一般名:テコビリマット)を承認した。天然痘は1980年代に根絶されているが、生物兵器として使用される可能性が懸念されてきた。もはや存在しない伝染病のための治療薬は、バイオテロから国民を守るためのものだとFDAは説明している。

◆保管されたウイルスが生物兵器に? 米政府の懸念
 天然痘は、天然痘ウイルスが引き起こす、非常に感染力の強い疾患だ。人から人に飛沫感染し、感染後10~14日で発熱、倦怠感、頭痛などの症状が現れ、小さなピンク色の発疹ができる。それが膿を持って腫れ、潰れてかさぶたとなり、最後は小さなくぼみの傷痕となる。致死率は30%とも言われ、20世紀だけで5億人が死亡している。

                                                                                                                 

 世界的なワクチン接種と撲滅キャンペーンのおかげで、1980年代に天然痘根絶宣言が出された。世界では1977年以来感染は報告されておらず、アメリカでは1949年を最後に発生していない。

 根絶されたとはいえ、天然痘のウイルスはアメリカとロシアで保管されているため、これがテロリストの手に渡ることへの懸念は以前からあったと、感染症の専門家、アメッシュ・アドジャラ氏は指摘する(テレグラフ紙)。急速に広がり、強力な感染力を持ち、不安やパニックを煽り立てる可能性があることから、天然痘は米政府により、カテゴリーAの生物テロ病原体として分類されている。

◆人の多い都市では被害深刻 治療薬が感染拡大のカギ
 テレグラフ紙が紹介するニュー・サウス・ウェールズ大学の研究によれば、空港など人の多い場所に天然痘ウイルスが放たれた場合、流行のピークは最初の発症から70日後となり、ニューヨークでは4200人が感染し1200人が死亡すると予測されている。研究をリードしたライナ・マッキンタイヤー教授は、他の薬剤の服用や高齢化などで免疫力の低下している人は人口の17~20%存在し、バイオテロが現実となった場合、犠牲者はさらに増えると見ている。

 これまで天然痘には治療法はなく、20世紀においては、脱水を抑えたり熱を下げたりするなどの対症療法が主だったと、NBCは解説する。今回承認されたTPOXXは経口薬だ。FDAによれば、倫理的な観点から人間を使って証明することはできないが、動物実験でその有効性は証明されたため、認可が与えられた。さらに356人の健康なボランティアに服用してもらう試験で、安全性も確認されたという。TPOXXは、天然痘が生物兵器として使用された場合の新たなオプションになると、FDAは述べている。

◆科学の悪用 新たな病原体の作成も
 一方、科学ニュース・サイト『サイエンス・トレンズ』は、気になる記事を掲載している。米国防省のために全米科学工学医学アカデミーが行った研究の報告書の中で、すでに撲滅されたウイルスや疾病を、研究室で作成する能力が注目されているという。ウイルスが盗まれるだけでなく、「合成生物学」によって作り出される可能性があるということだ。

 同サイトは、「悪者」が天然痘やペストなどの病原体のDNAを手に入れれば、すでにこれらの感染症に対しての予防接種は行われなくなっているため、数百万人を殺すことが可能だと述べる。また、以前に比べ疾病そのものを少し異なるものにしたり、致死率のより高いものに変えて復活させたりすることさえできるかもしれないと解説している。皮肉にも、バイオテクノロジーがより多くの人々にとって利用しやすい技術になればなるほど、テロリスト側の能力も向上するということらしい。今後は、仕掛ける側と防衛する側とのいたちごっこになることもありそうだ。

Text by 山川 真智子

Recommends