ヨーロッパで増える、犬の連れ去り

Likee68 / Shutterstock.com

◆マイクロチップ装着だけでは安心できない
 犬の連れ去りに関しては、たくさんのサイトに予防策が載っている。たとえば11万人以上がフェイスブックに「いいね!」している犬に関するポータルサイトhund.infoでは、犬を盗む理由を下記のように挙げ、3つの予防策を示している。

●外見が可愛いから――あまりないケース
●盗んだ犬を売って、金儲けをするため――組織的に行われる場合が多い
●犬を見つけたからと飼い主に報酬を迫るため――このケースも多い
●犬の毛が欲しいから――東ヨーロッパの繊維業で需要がある
●犬を動物実験用に売ることができるため
●闘犬と戦わせるため

 予防策の第一は、マイクロチップ装着やタトゥーを入れること。だが盗んだ犬を非常に遠くに連れて行くことがよくあるうえ(読み取り機のある場所にはわざわざ連れて行かないだろうし)、タトゥーを入れた耳を切ってしまったり、特別な機器でマイクロチップの情報を上書きすることもできるため、犬の身元確認は難しくなることもある。

 より大切なのは、見知らぬ人からおいしい餌を与えられても絶対に反応しないように早い時期に訓練すること、そして買い物などで外出するときは家で留守番できるよう訓練するか、強靭な犬用リードを使って店頭で待たせておいたり、犬を見る人を一緒に連れて行くかだ。

 なお、マイクロチップを装着したペット(犬以外も)なら、ユーロペットネットという団体に登録すれば行方不明になった場合はヨーロッパ26ヶ国内で探してもらうことができる。

Text by 岩澤 里美

Recommends