「”モカ”のコーヒー豆を、世界へ」 若きイエメン系アメリカ人の格闘

イエメンのコーヒーを世界に広めるため、昨年来、カリフォルニア在住のモフタール・アーハンシャリ氏は現地のコーヒー農園と手を結んで活動している。モフタール・アーハンシャリ氏の厚意により、PRIの許可を得て掲載。

著:Public Radio International 本記事およびラジオレポートは、モニカ・キャンベルがPRI.orgの製作するニュース番組であるThe World寄せたもので、2015年4月9日に公開された。コンテンツ共有の合意のもと、グローバル・ボイスに転載。

 一年ほど前、筆者は友人の誘いを受けてサンフランシスコのコーヒー店の奥で開かれたカッピング (試飲会) に参加したことがある。コーヒーの専門家たち、中には飛行機で来ている人もいたのだが、彼らはコーヒーを小さなカップでほんのひとくち口に含んではマグに戻して、その味や香りを論じ合っていた。

                                                                                                                 

 「こんなの初めてだ !」「すばらしい」などと感嘆の声があちこちから聞こえてきた。しかしそれと同じくらい筆者の印象に残ったのは、彼ら高品質コーヒーを扱う専門家たちが「野生のコーヒーの木」の生えている場所はないかと世界中を探しまわっているという話や、彼らの間では質の高いコーヒーを作りだすために世界中の様々な場所のコーヒー農園と連携する動きがあるといった話だった。

 今回お届けするのは、こうしたコーヒーの専門家のひとり、モフタール・アーハンシャリ (Mokhtar Alkhanshali) 氏へのインタビューである。彼は26歳で、Qグレーダーの資格を持った専門家、つまりコーヒー鑑定のプロで、そしてイエメン系のアメリカ人だ。コーヒー農園の家系に生まれたことにはじまり、サンフランシスコのヒルスコーヒー等での受付業務につくなど長年コーヒーに深くかかわってきた彼はいま、オークランドを拠点とするコーヒー会社、モカ・ミル (Mocha Mill)を共同経営している。彼がどんなふうにイエメンでの仕事を進めているか、そして、情勢の悪化するイエメンからやっとのことで出国した際に旅行鞄の中に何を入れてきたのか、話を聞いた。

Q : アーハンシャリさんの、コーヒーにまつわるいちばん最初の記憶を教えてください。

 イエメンの中でももっとも古くからコーヒーを栽培してきたのが、私の家族が代々住んでいたところでした。もっと若かったころには、私はイエメンの家に行くといつも祖母と一緒にコーヒーの実を摘んで乾かしていました。祖母はそのあと、コーヒーの実を加工場に持って行って外皮と果肉の部分を取り除き、粉にして、コーヒーを入れました。つまり、私にとってコーヒーというのは自分の一部のようなものなのです。祖母とコーヒーの豆摘みをしていたことに始まり、以来私はコーヒー業界に様々な仕方で関わるようになって、とうとうコーヒー鑑定士の資格までとりました。資格試験のために、コーヒーの香りを36種類も覚えなければならなかったんですよ。

Q : コーヒーのプロとしてイエメンに初めて行ったのはいつでしたか。それはあなたが大人になってからの、家族を訪ねる旅とはどんなふうに違っていたのでしょうか。

 約1年前に行きました。そのときは、私は32か所もの地域を回ってコーヒーの世界に没頭する日々を過ごしました。それぞれの地域は互いに非常に隔たった場所にあり、そこに暮らす人々も隔離されたような状態で生活しているので、私はこの仕事をしていなかったら知り合えなかったような人たちに会うことになりました。そう、私はこのときの旅を通して、栽培地の高度や土壌の種類がさまざまだということを知ることができました。でもそれ以上に大きかったのは、それぞれの土地の人たちから、彼らの祖父母がどんなふうにコーヒーを育てていたかとか、彼ら自身が今どんな問題に直面しているのかといったことについて、話を聞くことができたということでした。彼らが直面していることというのはつまり、政治の問題や情勢の不安定さのことであり、私たちアメリカ人も関係しているようなことです。私自身がイエメン人であり、そしてアメリカ人でもあることで、私は二つの異なった顔を持つことができました。つまり、一方で私は資格を持ったコーヒー鑑定士ですが、同時に私自身がイエメンの一部族の者であり、部族側の人間としての顔を持っているのです。ですから私はイエメンに行くときは、外国人としてではなくイエメン人として行きます。そして、現地ではイエメン人の服装に身を包んで、現地の言葉で話しています。

コーヒーの製法を何百年も変えてこなかったような僻地の村に行って、最新式の乾燥床 (訳注:収穫したコーヒーの実を乾燥させるための設備) を人々が使うところを見るととてもわくわくします。私が乾燥床の使い方を教えたんです。また、彼らはコーヒー豆を適度に乾燥させるのに、私がイギリスから持ち込んだ新型の湿度分析器を活用しています。コーヒー精製のための、最新の科学技術に基づくこうした設備や機器はブラジルやペルー、エチオピアで見られるのですが、いまやイエメンでも使われているのです。

 私はまた、イエメンでコーヒー生産に従事する人の多くは女性であると見ています。ですから私は現地の農園と手を組む時、その農園の役員の半数が女性であることを提携条件の一つにしています。

Text by Global Voices