経済危機のベネズエラ、230万人が国外に脱出 食料・医薬品不足が深刻

AP Photo / Ariana Cubillos, File

 国連は14日、6月の時点でおよそ230万人のベネズエラ人が、危機に直面した母国から主にコロンビア、エクアドル、ペルーおよびブラジルへ逃亡したと発表した。

 国連のステファン・ドゥジャリク事務総長報道官は記者たちに対し、ベネズエラの人口である3,280万人のおよそ7%にあたる国民が、国内の食糧難を主な理由として母国を捨てて逃亡したと語った。同報道官によると、国連の人道援助担当官は、逃亡した人々のうち130万人が「栄養不良の状態に苦しんでいる」と報告したという。

 原油の産出が豊富なベネズエラは、ますます経済的・政治的な危機に苛まれている。超インフレと広範な食料と医薬品の不足が国家に襲いかかっており、国際通貨基金のプロジェクトのインフレは今年の末までに100万%を超える可能性がある。

                                                                                                                 

 社会主義者のニコラス・マドゥロ大統領は、ベネズエラの経済の困窮は、いわゆるアメリカとヨーロッパが仕掛けた経済戦争に責任があるとしばしば主張している。国が抱える経済や政治の問題に対して不満の声が広まっているにもかかわらず、5月に行われた選挙でマドゥロ氏は大統領として2度目になる6年間の任期を獲得した。しかし、同氏に対し挑戦的な立場にある一派や多くの国民は、この選挙結果を正当であるとは認識していない。

 ドゥジャリク事務総長報道官は、ベネズエラ国内の基礎的な医薬品や医療用品の深刻な不足が「病院の品質の急激な悪化を招いた」と述べた。

 国連の当局者たちは、ベネズエラの国内で必要な薬品がほとんど入手できないため、10万人のHIV患者が危機にさらされているという。さらに国連のスポークスマンは、麻疹、マラリア、結核、およびジフテリアなど、過去に根絶したはずの病気が「今も存在し、そのうえ増加している」と付け加えた。

 経済の状態と健康状態が危機的な状況に陥った結果、ベネズエラから脱出する人々の数が増え続けていることは、中南米諸国全体に警鐘を鳴らしている。

 国際移住機関が4月に作成した報告書によると、ベネズエラからの人口流出は近年大幅に増加し、2015年に海外へ脱出したベネズエラ人が70万人だったのに比べ、2017年にはおよそ160万人のベネズエラ人が海外に脱出したと推定される。

 その160万人のうち、およそ88.5万人は南米に、30.8万人は北米に、7.8万人は中米に、2.1万人はカリブ諸国に、そして残りは世界中の他の様々な地域にいる、という。

 今年になってベネズエラ人の国外脱出はさらに劇的な状況を呈している。

 先週、増加し続けるベネズエラからの移民の流入に対処するため、エクアドルは3つの州で非常事態を宣言した。エクアドルの外務省は、毎日、最大4,000人ものベネズエラ人がエクアドルへの入国許可を申請していると語った。

 コロンビアのフアン・マヌエル・サントス元大統領は、8月2日に任期を終える前、44万人のベネズエラからの脱出者に対し2年間の一時滞在許可証を交付するとともに、マドゥロ大統領政権に人道的な危機の蔓延を食い止めるよう強く促した。
 
 ドゥジャリク事務総長報道官は、国連と人道援助団体からベネズエラの移民たちは法的地位、公的な書類、保護施設および医療や他の基本的サービスに対する援助を必要としている、という報告を受けたと語った。

 国連の関連機関はベネズエラの移民を支援しており、近隣諸国は「大いに寛大な姿勢を示した」と述べた。そして「我々は、支援が可能な他の国々にも、難民支援や難民支援を行っている国々の支援に取り組んで欲しいと考えている」と言った。

By EDITH M. LEDERER, Associated Press
Translated by ka28310 via Conyac

Text by AP

Recommends