高学歴女性が卵子を凍結する本当の理由 学歴・仕事のためではなく……

SFIO CRACHO / shutterstock.com

 高学歴の女性が未婚だったり晩婚だったりする理由は一般的に、教育やキャリアを優先するから、と思われがちだ。しかしこのほど発表された研究で、ショッキングな「本当の理由」が明らかになった。

◆卵子を凍結する女性たち
 女性が卵子を凍結する理由について、NHKは2016年の「クローズアップ現代」で「仕事に打ち込みたい」という思いと「でもいつかは子供が欲しい」という思いのはざまで下した決断、と伝えていた。しかし世界に目を向けると、卵子を凍結する理由は必ずしも日本女性と同じではないようだ。

                                                                                                                 

 米イェール大学のマーシャ・インホーン教授は、2014年6月~2016年8月の間にアメリカまたはイスラエルの8ヶ所のクリニックで卵子を凍結した女性150人(30代後半~40代前半)を対象に聞き取り調査を行った。

 ニューヨーク・ポストによると、この150人のうち80人以上が学士号(4年制大学卒業)以上の学位を保有していた。アメリカでインホーン教授の調査を受けた114人のうち修士号保有者は47%、医学博士号(MD)や博士号(PhD)、または同等の学位を有する人は34%だった。

 卵子を凍結した理由について、150人のうち90%が「適切な相手が見つからなかったから」と答えたとBBCは伝えている。ガーディアンは、メディアではこうした女性たちが学歴やキャリアを追うために子供を産むのを意図的に遅らせているかのように報じられることが多いが、実際は家庭を築くのに適切な相手が見つからないからであり、彼女たちはこうして卵子を凍結して「時間稼ぎ」をしているのだ、と指摘している。

 この研究結果は、7月2日~5日にスイスのジュネーブで開催された欧州ヒト生殖医学会で発表された。学会でインホーン教授は、「大卒の男性が足りない。簡単に言ってしまえば、教育水準の高い女性が(男性と比べ)多すぎる」と訴えた。ニューヨーク・ポストは、2014年秋のデータでは全米の4年制大学に入学した生徒のうち55%が女性だったと伝えている。

Text by 松丸さとみ

Recommends