指の長さでわかる10のこと 運動能力、収入から男性としての魅力まで、海外研究で明らかに

PAPA WOR / Shutterstock.com

 手相占いで未来を覗くのも良いが、指の長さを測ってみるのも有効だ。海外の科学的調査により、その人の素質や身体のつくりなど、指の長さからかなりの情報を読み解けることがわかってきた。2本の指が語る10の傾向をチェックしてみよう。

◆性格を語る「2D:4D比」とは
 具体的に参考になるのは、人差し指と薬指の長さの比率だ。2本の指を比べるだけで、その人の思考パターンや身体的特徴などが見えてくるという。この比率は「第2指・第4指比」または「2D:4D比」と呼ばれる(Dは指を意味するdigitの頭文字)。ご自身の人差し指の長さを薬指と比べてみて、短ければ2D:4D比は「小さい」、同じか長ければ「大きい」と判定される。

 では、なぜこの比率が性格などのバロメーターになるのだろうか? 米ナショナルジオグラフィック誌は、秘密は男性ホルモンにあると解説している。私たちは胎児のとき、男児であっても女児であっても、テストステロンと呼ばれる男性ホルモンの一種を子宮内で浴びる。この量が多ければ多いほど、一般に薬指の長さは長くなる。テストステロンは健康維持に貢献するだけでなく、攻撃性や性的指向などさまざまな面で人格形成に関わってくる。よって、2D:4D比が小さい(人差し指が薬指より短い)ほど、より挑戦を好むなどの傾向が出てくるわけだ。

 それでは、2D:4D比でわかる10の興味深いトピックを見てみよう。

次のページ 運動能力に差が?




Text by 青葉やまと

Recommends