日本での驚きの体験がツイッターで大きな話題に

Joseph Oropel / shutterstock.com

 ほかの観光客同様、ヴィハルィは、他人に迷惑をかけないように気を使う日本の習慣に衝撃を受けた。例えば、彼の目を引いたのは工事現場だ。どこの工事現場にも地元の人に工事の予定を伝えるための掲示板が設置されているのだ。​

                                                                                                                 

78. どうやら工事現場は、工事が始まる前に一週間のスケジュールを事前に伝えるべきらしい。いくつかの看板は電子表示だ!

(タッチパッドで難しい言葉を書いてみた。「解体工事」と書いてある。2月4日は日曜日=工事はなし)

 旅行中、ヴィハルィは日本人の礼儀正しさ、そして人々の優しさに感動した。

読者の皆さんはおそらく多くのパターンがあることに気が付いただろう。これはまた別のパターン。日本での発見の多くはこの流れだ。

1.何か素晴らしいものを発見する
2.その素晴らしいこは、当たり前のこととして日本のどこででも見つけることができる。
3.その素晴らしいこと以上に素晴らしいことを日本のまた別の場所で見つける。

 ヴィハルィのオリジナルのツイッターはこちら。また彼は最近、日本旅行中の体験を記事にして​ブログ上に公開した

どうやら日本を訪れた後に日本旅行のガイドを書くことは日本を訪れた観光客の儀式らしい。

こちらは私が書いたもの。ほかのいい情報にもリンクしている。私と同じように訪日を計画しているのだったら、ぜひ活用してほしい。

マルチン ヴィハルィ氏は現在メディウムでは働いて​いないが、この記事は同氏を考慮して更新済みである。


This article was originally published on Global Voices(日本語). Read the original article.
Translated by Moe Aritsugi
Proofreading:Masato Kaneko

Text by Global Voices