アジア発の代替豚肉「オムニポーク」 狙う中国市場、思わぬ商機

ARTYOORAN / Shutterstock.com

 アメリカではビヨンド・ミートなどが販売する代替肉の市場が急成長しているが、アジアでは香港発の代替豚肉、オムニポークが注目されている。アジア人のためのおいしい代替肉がセールストークで、世界最大の豚肉市場、中国進出も間近だ。

◆植物由来ポークでアジア市場に参入、目指すは中国
 オムニポークを開発し販売しているのは、香港を拠点とするスタートアップ企業Green Mondayだ。創業者のデビッド・ヨン氏は、自社のベジタリアン食料品店やレストランで植物由来のハンバーガーや肉を使用しない商品を販売していた際に、ここにビジネスチャンスがあると確信したという(CNN)。

                                                                                                                 

 2018年4月に市場に登場したオムニポークは、大豆、えんどう豆、キノコや米を原料とし、豚肉に近い味と食感を実現した植物由来の代替肉だ。実は世界で一番消費されている肉は豚肉で、ヨン氏はこの点が見過ごされてきたとCNNに話し、代替豚肉に大きな可能性を感じている。

 ユーロモニターの調査では、世界の豚肉消費量は7880万トンで、そのうち4120トンは中国で消費されている。オムニポークは現在、香港、シンガポール、台湾、タイで販売されているが、ヨン氏は世界最大の豚肉消費国、中国への進出を初期の段階から目指していた。すでに大手レストランやスーパーマーケットとの話し合いも最終段階に入っており、今年末には中国市場に参入予定ということだ(ブルームバーグ)。

Text by 山川 真智子