海外で高評価のマツダ・ロードスター 「スペシャルな1台」である理由は?

Marukosu / Shutterstock.com

◆各賞を連続受賞
 ロードスターは欧米でも非常に好評だ。各種の賞を連続で受賞し、話題をさらっている。米Web誌の『トルク・ニュース』は、5月末の1週間のうちに3つの賞を受賞したと報じている。フロリダ州マイアミに本拠を置く南部自動車メディア協会は5月24日、ロードスターの2019年モデルに対し、トップレス・イン・マイアミ賞の最優秀コンパクト・オープンカー部門賞を授与した。

 そのわずか6日後には、ニューイングランド自動車報道協会がクラス最高のオープンカーに選出している。さらには中古市場での人気も評価され、自動車関連のビデオを製作するホイールTVは同日、 2019年の中古車賞をロードスターに贈った。現在の「ND」で4代目を数えるロードスターは、これまでに100万台以上を販売している。1週間足らずで3賞を受賞した形だが、トルク・ニュース誌はこれに留まらず、過去半年間で実に15もの賞を受賞したと紹介している。

 ロードスター人気はいまに始まったものではなく、同誌は別の記事のなかで、ロードスターは1989年の登場以来愛され続けているクルマだと述べている。優れた信頼性、耐久性、目を引くエクステリアに運転する喜びと、クルマに求めるすべてを満たす一台だ。

>次のページ 洗練されたルーフトップと、伝統的な温もり




Text by 青葉やまと

Recommends