トヨタRAV4ハイブリッド、米メディアから「買い」の高評価 パワー・燃費を両立

Boykov / Shutterstock.com

◆居住性・実用性ともに優れる
 その他の実用性の高さも相まって、新型RAV4は非常に使い勝手の良いモデルに仕上がっている。モータートレンド誌のゲイル氏は購入を決めた理由の一つとして、居住空間の広さを指摘。現行のSUVでゆとりある後部座席を備えたモデルは少なく、消去法でRAV4の購入を決断したという。

 米Web誌の『トルクニュース』は、RAV4 XSEハイブリッドは偉大なSUVであり、スポーティーの定義をまったく新しい次元へと押し上げる存在だと絶賛している。優秀な馬力と手頃な価格が売りの本モデルは、豊富なオプションでさらに利用シーンが広がる。アメリカで利用可能なウェザー・パッケージは、ステアリングホイールにヒーターを内蔵するほか、雨を検知する自動可変速ワイパーを搭載する。低温でワイパーがフロントガラスに固着してしまう寒冷地でとくに有益なオプションだ。さらに、サンルーフの一部を解放できるパノラマ・サンルーフ・パッケージや、クリアランスソナーとパーキングサポート・ブレーキなどを備えたテクノロジ・パッケージが選択可能となっている。ハイブリッドパワートレインによる躍動感あふれる走りをベースに、ニーズに応じた個性を楽しめるモデルだ。

>次の記事 「長年待った価値ある」復活のトヨタ・スープラ、海外の反応は?




Text by 青葉やまと

Recommends