トヨタRAV4ハイブリッド、米メディアから「買い」の高評価 パワー・燃費を両立

Boykov / Shutterstock.com

◆パワー十分のオフロード性能
 RAV4ハイブリッドモデルは米カーメディアの間で非常に好評で、「買い」だとするレビューが目立つ。その一つである米カー・アンド・ドライバー誌は、ハイブリッドパワートレインによる活力みなぎる走りを評価している。リアマウントの電気モーターが後輪トルクを強化しており、高い悪路走破性を生み出している。非ハイブリッドの標準モデルよりも156ポンド(約71キロ)の重量増となるが、それを補って余りあるほどの活力を感じさせる、と同紙。

 ハイブリッドならではの燃費の良さにも注目したい。米モータートレンド誌寄稿者のザック・ゲイル氏は、市街地で42mpg(約17.9km/l)、高速で38mpg(約16.2km/l)という燃費は印象的だと論評している。さらに非ハイブリッドのRAV4と同じサイズのガソリンタンクを備えるため、結果として航続距離の長さでほかのクロスオーバー車を圧倒する。一日中仕事で運転した後でも給油の必要がなく、ガソリンスタンドに立ち寄る機会を大幅に減らすことができるのは嬉しいポイントだ。

>次のページ 居住性・実用性ともに優れる




Text by 青葉やまと

Recommends