伝説のトヨタスープラが20年ぶりにアメリカにカムバック ポルシェ、BMW、メルセデスに対抗 

Darren Brode / Shutterstock.com

◆アイポッピングで伝統的なトヨタスタイル
 GQの記事では、新型スープラのデザインについて「短くてパンチがあり、どちらかと言えばアグレッシブにも見える新しいスープラのデザインは、コンテンポラリーなスポーツカーと言うイディオムでは美しくはないかもしれないが、強烈で人目を惹くようなアイポッピングなデザインである。」と評している。また、カーメディアのRoad & Trackは、新型スープラを「前代のスープラ特に最も愛された「A80」の伝統に忠実であり、伝統的なトヨタスタイルで鍛えられたスポーツカーを実現している」と評した。

Supra (U.S. specification model)


Supra (U.S. specification model)

 この新型スープラは、日本車のクーペに期待される筋肉質で、頑丈な足回りを保証するだろう。 トヨタのファンは勿論、映画「Fast and Furious」ファン(邦画名ワイルド・スピード)、そして真のスポーツカー愛好家たちが喜ぶものになると期待されている。スープラがついに戻ってきた。開発から生産体制の構築において、BMWとのパートナーシップが生かされた点も自動車好きには興味深いところだろう。

Text by Takako Tsujimoto

Recommends