米で自然派ペットフード市場が成長 人工添加物入りを販売終了する大手業者も

AP Photo / Carrie Antlfinger

 ヘルシーな自然食品の需要が、人間からペットへと拡大している。

 11月13日、アメリカのペットショップチェーンのペトコは、アメリカとプエルトリコの店舗約1,500店およびオンラインストアにおいて、人工着色料、人工香料、人工保存料を使用したドッグフードとキャットフードの販売を中止すると発表した。

 ペトコのCEOロン・コフリン氏は、AP通信の取材に対し、「当社は常に栄養に関して高い見地に立つことに細心の注意を払っています」と語った。

                                                                                                                 

 自然派ペットフードの売り上げが順調に伸びているこの時期に、大手ペットショップでは初となる試みにペトコは踏み切る。

 市場調査会社のニールセンによると、米国市場において自然派ペット用品が占める割合はごく一部だが、2013年から2017年の間に成長率は2倍以上の6.5%に達した。遺伝子組み換え成分不使用のペットフードの売り上げは昨年29%増加し、人工保存料や人工着色料不使用のペットフードの売り上げは4%増加した。

 米国ペット用品協会によると、昨年アメリカ人がペットにかけた費用は、前年の4%増の695億ドルだった。

 市場調査会社ミンテルの主任食品アナリストのジョン・オーウェン氏によると、ペットフードは昔から人間の食品を模倣してきたという。一例を挙げると、1959年、Gravy Train(グレイビー・トレイン)のドッグフードは、ワンちゃんも喜ぶグレイビー風味と銘打って売り出された。

 人間の舌が肥えるにしたがって、より洗練されたペットフードへの需要が高まったのだとオーウェン氏は話す。

 オーガニック、ベジタリアン、穀物不使用のドッグフードが多数存在し、シカ肉やイノシシが原材料のキブル(粒)で旧石器時代ダイエットを謳うブランドもある。ティラピア、ウサギ、カボチャを原材料に使用したキャットフードも数多く販売されている。

 今年に入り、この成長傾向を察知して、JMスマッカーとゼネラル・ミルズの大手食品会社2社が、巨額の資金を投じて自然派ペットフードブランドのニュートリッシュとブルーバッファローを買収した。

 普段から食品に含まれる砂糖や保存料の量に気を使っているという、アトランタ在住のプロジェクト・マネージャー、アシュリー・マーフィーさん(33)は、ジャック・ラッセル・テリアのミックスである愛犬マディの食事の原材料に疑問を持つようになった。

 マーフィーさんは最近、さまざまな商品の原材料を検討した上で、キャネディのドライドッグフードGrain Free Pure Ancestral(グレインフリー・ピュアアンセストラル:穀物不使用・純古代食) に切り替えた。肉の量が多く、小麦やトウモロコシのような混ぜ物と人工添加物が少ないことが決め手だった。

「一覧の最後の方の何種類かのミネラルと発酵産物を除いて、新しいドッグフードの原材料はすべて暗記しています」と話すマーフィーさんは、マディの食費に糸目はつけないそうだ。

 マーフィーさんのような若い世代が自然派ペットフードの流行を牽引していると話すオーウェン氏は、この流行は今後も拡大を続け、フリーズドライのローフードなどよりたくさんの「自然派」ペットフードが登場すると予測している。

 コフリン氏によると、現在ペトコで販売されているペットフードの大半が人工添加物を使用していない。これではまだ、大変革とは呼べない。なぜなら、ペトコは人工添加物を使用したペットフードで毎年1億ドル程度を売り上げているからだ。

 ペトコは、2019年1月から人工添加物を使用したペットフードの在庫処分を開始する予定だ。「ペットフードの改良に取り組む業者もいるでしょうし、もうペトコでは売らないという業者もいるでしょう」とコフリン氏は語った。同年5月までに販売終了となる人工添加物使用のペットフードは、アニマルシェルターに寄贈される。

 ゆくゆくは、ほかの動物のフードにも人工添加物の使用禁止を拡大していく計画であるとコフリン氏は明かした。

 ペトコの主任獣医師ホイットニー・ミラー博士によると、イヌやネコへの人工添加物の影響については限定的な調査しかなされていない。また、ミシガン州ディアボーンの獣医師ホリー・レボ博士は、ペットフードメーカーはコストのかかる人工添加物の使用を既に制限しているので、消費者はあまり神経質になる必要はないと話す。

 メーカーが着色料などの人工添加物を使うのは、そもそも人間の受けを狙ってのことだ。

「無用な材料を取り除くのはいい考えだと思います。ですが、その実体は消費者にアピールするために使われているものなのです」

By DEE-ANN DURBIN, AP Business Writer
Translated by Naoko Nozawa

Text by AP

Recommends