アメリカの成功者たちの朝は6時半から? 運動、瞑想、読書などで一日に活力

mariyaermolaeva / Shutterstock.com

 一流のビジネス・パーソンといえば、自分を厳しく律している朝型人間のイメージが強い。夜の明けないうちから起床し、早朝にはジョギングをこなしたりといった成功者も確かに存在する。しかし、なかには米アマゾンCEOのジェフ・ベゾス氏のように、朝10時前後の遅めの時間からビジネスに取り組む実業家もいるようだ。一流のビジネス・リーダーが推薦する朝のルーティンを見てみよう。

♦︎早起きも一手
 正攻法として、早起きによって活動時間を生み出している成功者も数多い。ニューヨーク・タイムズ紙(NYT)は、優れたパフォーマンスを発揮する人物300人へのインタビューを行い、その結果をまとめている。同紙がビジネス・リーダーからファッション・モデルまでを5年間にわたり調査したところ、彼らの平均起床時間は朝6時27分と、やはり朝型の傾向が浮かび上がった。朝にゆとりの時間を持ち、精神を安定させることを同紙は推奨している。運動、読書、瞑想、または愛する人と時間を過ごすことで、リラックスしたり、活力を得たり、モチベーションを高めたりといった効果が期待できる。

                                                                                                                 

 朝のちょっとした時間に、重要なタスクを済ませてしまうのも効果的だ。CNBCは、マネジメントを研究しているブライアン・トレーシー氏の著書『Eat That Frog!』の内容を紹介し、作家のマーク・トゥエインの名言に倣い、朝一番に「カエルを食べる」ことを勧めている。ここでの「カエル」とは、つい先延ばしにしがちな重要タスクを意味する。朝一番にカエルを食べてしまえば、その日で最も憂鬱なタスクを終えているため、残りの時間を達成感とともに過ごすことができる。

Text by 青葉やまと

Recommends