アマゾン本社に6000匹の犬が「出社」 増えるペットOKの職場、認められる効果

Mirjana Zidar / Shutterstock.com

 ITなどの普及により多様化した働き方がメディアでも注目されるようになった。IT企業では特に社員でありながら在宅勤務の機会を提供している会社も多い。このような働き方改革が導入される理由は、企業の生産性の向上を目指しながらなおかつ社員のプライベートな時間を尊重することにある。

 そのなかでもペットとの私生活の時間に大きな理解を示す企業が増えている。アメリカのアマゾンやグーグルのオフィス環境は、自宅で動物と暮らしている人たちにとって理想的であると知られる。それは、ペット同伴で出勤できることだ。このような取り組みを行っている企業は海外には少なくなく、ただ単純に会社オーナーが動物好きというだけではない。それらの企業は、最新の科学的研究結果に基づき、社員の精神健康などを考慮し、このようなプログラムを導入している。

                                                                                                                 

◆6000匹の犬が出社するアマゾン
 動物は盲導犬などの身体障害者補助犬でさえ入場禁止の場所がある。しかし家に長時間留守番させているペットのことを心配せずに仕事に取り組めるように計らっている企業も欧米には少なくない。なかでも、アマゾンやペットフードメーカーのネスレピュリナはペット同伴での出勤環境が完璧に整っている企業として知られる。アマゾンのシアトル本社には日々6,000匹の犬が飼い主と一緒に出勤していると同社のブログで述べている。

 きっかけは、アマゾンの創業間もない頃に一夫婦がペットのウェルシュコギーのラフスを会社に連れてきたことだ。ラフスは社員の心を癒し、同社ウェブサイトへのファンを増やした功績から、ラフスの名前をつけた建物まで誕生している。そのほか、犬のリードのいらない散歩エリアや同社の17階には犬専用バルコニーまで備え付けられている。

Text by 安藤麻矢

Recommends