韓国の若者の間で「公務員」が圧倒的人気 高まる安定志向 親の意向も反映か

neonhummingbird / Shutterstock.com

 雇用環境が悪化する韓国では収入の良さや安定性を理由に「公務員」が圧倒的な人気を誇っている。韓国統計庁が3月に公表した社会調査結果によると、10代と20代で最も就職したい職業は公務員だった。また、韓国紙が調査した、親が思う「子どもに就いてほしい職業」でも公務員は1位となる。しかし、このようなアンケート調査結果に対して一部韓国メディアからは「将来の夢が公務員である国に未来はない」「そもそも親が公務員になることを強制している」などの批判的な意見も寄せられている。

◆努力してもムダ? 6割超「出世する可能性低い」
 最近の韓国の若者たちは将来の夢に希望を抱いていない。19〜24歳の若年層のうち「一生かけて努力すれば本人の社会的・経済的地位が向上する可能性が高い」考える割合が24.5%(同調査)にとどまった。残りの65%以上は努力しても階層上昇(=出世)はないと考えていることが明らかになった。

                                                                                                                 

◆30、40代の4割超「家庭よりも仕事が優先」
 将来に対して不安を抱いているのは若者だけではない。就業者のうち「職を失うか、変えなければならないかもしれないという不安を感じている」割合は60.4%におよんだ。なかでも30〜40代は63.8%と最も多い。

 仕事と家庭の両立に関する質問では「(家庭よりも)仕事を優先する」割合が43.2%と、2015年の前回調査時(53.7%)より大きく減少したものの、「家庭を優先する」のは13.9%にどどまった。韓国紙ハンギョレは「最近の会社員は残業するよりも定時退勤を好む」としたが、依然として多くの働き盛り世代が家庭よりも仕事を優先していることに変わりはない。韓国社会の長時間労働問題は、日本同様に、労働者の意識を改革することから始めなければならないようだ。

◆親の夢を子どもに強制するのは是か非か
 1万2000種類ある韓国の職業のなかから公務員がトップ人気となる理由はほかにもある。韓国では「将来なりたい職業」の調査を行うと決まって教師、医者、大企業の会社員、公務員に偏る。その理由について韓国日報は「子どもたちが特定の職業だけを好むのは親と教師たちが“進路”指導より“進学”指導に偏った結果だ」と指摘する。別の調査結果では若者の46%は自分が希望する職業の内容にはついて「よく知らない」と話しているという。つづけて、「子どもの将来の夢は、実際、親の夢である。成績順で決めてしまう大人の夢が子どもの未来を台無しにしている」(同紙)と述べた。

 仕事内容を知らぬまま収入と安定を求めて公務員を目指す韓国の若者。もちろん公務員を目指すこと自体は否定すべきものではない。しかし、自分の意思を最大限尊重して仕事を選ぶのが、「職業選択の自由」のあるべき姿ではないだろうか。

Text by 古久澤直樹