将来の金融サービス、フィンテック企業と従来機関の協力が不可欠

MAX SAYPLAY / Shutterstock.com

 キャップジェミニとLinkedIn がEfmaの協力のもと発行したワールド・フィンテック・レポート2018によると、フィンテック企業は相補的な強みを持っており、一度代替しようとしていた従来型の金融サービス企業との共生関係を模索しているという。本レポートでは、フィンテック企業が顧客サービスの向上と新テクノロジーの使用により、金融サービスの顧客ジャーニーを変えているかどうかを検証している。フィンテック企業と従来型金融機関との共生関係の可能性、 ビッグテックの金融サービスへの迫り来る役割なども含まれている。

◆フィンテック企業は金融サービスにおける顧客ジャーニーの活性化を促進
 フィンテック企業は、新テクノロジーによって革新を起こし、金融サービスにおいて顧客ジャーニーを活性化している。競争と顧客の期待の高まりは、利便性とパーソナライゼーションの要求を高めている。フィンテック企業は、パーソナライズされた製品を駆動するための顧客データと、あらゆるデバイスからアクセスできる高速の24/7(年中無休)オンラインサービスを提供している。

                                                                                                                 

 しかし、本レポートによれば、金融サービスの顧客はフィンテック企業のブランドよりも、従来型の企業のブランドをより信頼している。今後の成功のためには、金融サービス企業は顧客の目的との整合性、信頼の維持、デジタル、機敏で効率的なプロセスの提供を継続して行う必要があるとレポートは指摘する。

 LinkedInのGlobal Marketing SolutionsのVice President、Penry Price氏は、「フィンテック企業は、従来の企業によって残されたギャップを埋め尽くす顧客中心の取り組みで成功を見いだしています。こうしたギャップがフィンテック企業への扉を開いたが、伝統的な企業に対する信頼は顧客にとって依然として重要です」と述べる。

◆Win-Winコラボレーションの機会
 フィンテック企業は、レガシーシステムや旧来文化の負担を負わずに、新しい技術を活用して顧客の要求に迅速に対応している。実際、本レポートによると、フィンテック企業の90%以上が競争上の優位性の鍵となる敏捷性と強化された顧客体験を提供していると答え、76%以上が新製品の開発と既存製品の改善も成功には不可欠と答えている。課題は、事業を拡大して財務的に実行可能なビジネスモデルを構築することだ。フィンテック企業は2009年以来約1,100億米ドルを調達しているが、効果的なパートナーシップ・エコシステムを構築しなければ、ほとんどが失敗する可能性があると分析されている。

 同時に、従来型金融機関は、リスク管理、インフラストラクチャ、規制の専門知識、顧客の信頼、資本へのアクセスなどの強みを維持しながら、多くのフィンテック企業による強化された顧客サービスを採用している。従来型の企業とフィンテック企業は、共生的で協力的な関係からメリットを得ている。

 キャップジェミニの金融サービスグローバル戦略ビジネスユニットおよびグループ執行取締役のメンバー、Anirban Bose氏は、以下のようにコメントをしている。

「フィンテック企業の75%以上が従来型の企業とのコラボレーションを主要ビジネス目標に特定しており、フィンテック企業と従来型の企業の両方が、顧客の信頼を維持しながら革新を推進するために協力してビジネスモデルを変革することが不可欠です。従来型の企業とフィンテック企業は、機動性が高くコミットされたコラボレーションパートナーがなければ、失敗する危険があります」

◆コラボレーションの成功には適切なパートナーを見つけることが不可欠
 本レポートでは、フィンテック企業と従来型金融機関の長期的な成功を促進するためには、コラボレーションが不可欠であることが判明した。コラボレーションの成功には、最高のパートナーとエンゲージメントモデルを見つけることが必須だ。強力なパートナーシップを構築するには、企業はコラボレーションの障壁を克服する必要がある。

 本レポートによれば、フィンテック企業役員の70%以上が、従来型金融機関とのコラボレーションにおける最大の課題は敏捷性の欠如であり、従来型金融機関は顧客の信頼やブランドへの悪影響を最大の課題と認識している。

 EfmaのSecretary General、Vincent Bastid氏は、「コラボレーションを成功させるためには、両方の企業がオープンな姿勢を保ち、コラボレーションに専念する必要があります。金融機関は、フィンテック企業の文化を尊重し、プロジェクトにもたらす主要な資産の1つである俊敏性を失わないようにする必要があります。次の課題は、コラボレーションする最適なフィンテック企業を選択することです」と述べる。

Text by 酒田 宗一

Recommends