世界で一番人気のある車の色は? 日本では「高級車のトレンド色」が人気

Main Focus Media/shutterstock.com

 アクサルタコーティングシステムズが、第65回「2017年版自動車人気色調査報告書」を発表した。報告書によると、ホワイトが2017年に消費者による車体人気色をグローバルで牽引したことが明らかになったという。2位はブラックの16%、これに続いてグレーとシルバーが共に11%で2年連続3位となった。

 また、本報告書では、地域ごとの分析もなされている。
・世界全般: ホワイトがナンバーワンの座を確立し、パールホワイト色が高級車のトレンドとなり、パールホワイトは2017年に4%上昇しました。 
・アフリカ: グレーが3%上昇し11%となり、2桁台に伸びた。
・アジア: 車体色の52%がホワイトで占めている。ホワイトの人気が最も高いのは中国で62%、日本ではパールホワイトの人気が28%となった。
・欧州: 世界全体でグレーの人気が最も高く、20%となった。
・北米: とりわけコンパクトカーやスポーツカーでブルーの人気が上昇し、6%増の16%となった。
・ロシア: 最も人気のホワイトが28%から32%へと上昇する一方で、シルバーのシェアも3%増加した。
・南米: 南米ではグレーの人気が高まっており、8%から11%へと上昇した。
 

Text by 酒田 宗一

Recommends