【イスラム国の教訓(2)】明らかになる「外国人戦闘員」の実態

Mirwais Bezhan (VOA) / Wikimedia Commons

 2014年6月、当時のイラク・レバントのイスラム国(ISIL)のアブ・バクル・アル・バグダディ容疑者は、イラク・モスルにあるヌーリモスクでイスラム国(IS)の建国を一方的に宣言した。そしてそれ以降、各国から渡ったとされる「外国人戦闘員」の問題は世界中のメディアで大きく取り上げられるようになった。

◆「外国人戦闘員」には女性や子供も多く含まれる?
 日本でも2015年ごろにシリアへ渡航する若者のニュースが大きな話題となったが、ISなどに加わるためにシリア・イラクへ渡った外国人戦闘員は世界80ヶ国以上から2万〜4万人とも言われ、中東やアフリカだけでなく、欧米やアジア、オセアニアなどからも多くの若者が現地へ向かったとされる。2014年以降、外国人戦闘員の国別人数について複数の研究機関から似たような統計が次々に発表されたことから、当時、各国当局はシリア・イラクへ渡航した者を無意識のうちに戦闘員と捉えることに違和感を覚えていなかったように感じる。
 
 しかし、ISの支配領域がほぼ崩壊した今日、我々が呼んでいた外国人戦闘員の実態について徐々に明らかになってきた。例えば、英国にあるテロ研究機関ICSRが今年6月に発表した論文によると、外国人戦闘員約4万人のうち、12%が女性、13%が子供だったとされる。要は4分の1が非成人男性であり、渡航時に家族でともにシリア・イラクへ渡ったケースが多いという。その中には、その後IS戦闘員として戦って死亡した者、逃亡を試み処刑された者、ISに幻滅し逃亡に成功した者などさまざまであるが、夫が亡くなって現地に残された妻子も多い。例えば去年、ISの戦闘員となった夫とともにシリアへ渡った妻と3歳の子供がオーストラリアへ帰国した。また、10月にもマレーシアで同様の出来事があったばかりだ。

Text by 和田大樹

Recommends