【イスラム国の教訓(1)】IS の台頭、領域支配を可能にしたもの

VOA / Wikimedia Commons

◆過激派組織に自由な活動空間を与える危険性
 要は、ISによる領域支配の根底には、中東における政府の脆弱な統治力という問題があり、これがまた深刻になると、再びISのような組織が出現することも否定できない。今でもISは、「領土を取り戻そう」と呼び掛けるメッセージや声明を発信し続けている。その能力は潰されても、固い意志に今でも変わりはない。

 ISによる領域支配に代表されるように、過激なテロ組織に自由に活動できる空間を与えないということを国際社会は改めて強く認識する必要がある。近年、欧州でIS関連のテロが頻発しているように、その脅威は中東だけでなく、欧米やアジア、オセアニアなど各地域に浸透している。ゆえにこの問題がグローバルテロリズムであることを証明することになるが、一地域の問題が共通の脅威として各地に飛び火し、国際安全保障に大きな影響を及ぼすことがあることを我々は忘れてはならない。

Text by 和田大樹

Recommends