シリアの「ホワイト・ヘルメット」、イスラエル軍によってヨルダンへ搬送される

Syrian Civil Defense White Helmets via AP, File

 イスラエル軍は、欧米諸国と連携し、「ホワイト・ヘルメット」の名で知られるシリアの救助隊数百名を、シリア国境付近の戦闘地域より避難させた。困難を伴った、前例のない作戦であった。

 敵対的なシリア軍による攻撃と、イスラム過激派組織の戦闘員によって取り囲まれていたホワイト・ヘルメットのメンバーらは、救出された後ヨルダンに搬送され、数週間以内にはヨーロッパやカナダに移住することが計画されている。
 
 ヨルダン外務大臣のアイマン・サファディ氏が22日に発表したことによると、当初ホワイト・ヘルメットのメンバーら800名の入国を許可したものの、実際に入国したのは422名だったとのことだ。

 「人命が差し迫った危機」にさらされているとの連絡を欧米諸国より受け、夜を徹して行った作戦は「例外的な人道的行為」であったと、イスラエル軍は述べた。同軍は、兵士がホワイト・ヘルメットのメンバーらに飲料水を配っている様子の動画をインターネットで公開した。

 イスラエルのベンヤミン・ネタニヤフ首相は、別の動画で声明を発表し、ドナルド・トランプ米大統領、カナダのジャスティン・トルドー首相や他の首相陣より、ホワイト・ヘルメットのメンバーらの救出に協力してほしいとの要請を受けたことを明らかにした。

 ネタニヤフ首相はさらに述べた。「多くの命を救った人々の命が今、脅威にさらされている。重要な人道的措置として、イスラエルを経由して他の諸国へ避難させることを許可した」

                                                                                                                 

 米国務省は「勇敢な奉仕活動家たち」の救助を喜んで受入れ、この作戦を支援するよう、国連、イスラエル、そしてヨルダンに要請した。

 ヘザー・ナウアート報道官は、シリア政府や同盟国であるロシアに対して、「約束を順守すること、武力衝突を終結させること、かつてのシリア南西部の安全地帯周辺やシリア全土にいるホワイト・ヘルメットのような人道活動家を含む、全てのシリア国民を保護すること」を求める声明を発表した。

Text by AP

Recommends