続々と謎の死を遂げるロシアの外交官 「米大統領選に関わったため」との陰謀論も

Frederic Legrand - COMEO / shutterstock.com

 8月24日に、ロシアの駐スーダン大使が自宅のプールで心臓発作のため死亡した。これでこの9ヶ月の間に、7人のロシア人外交官が死亡したことになる。死因の詳細は把握困難なため、様々な憶測があるが、多くのメディアは暗殺の可能性を示唆している。

◆外交官が次々死亡。ロシアならあり得る?
 CNNは、「9ヶ月で9人の著名なロシア人が死んでいる」というショッキングな見出しの記事のなかで、6人の外交官を含むロシアの高官の死が相次いでおり、心臓発作などの病気が4人、原因不明が2人、銃殺(暗殺を含む)が3人だと内訳を述べ、そのうちいくつかのケースには疑問が残るとする。ロシア側の説明が途中で変わったり、死亡の詳細の入手が困難だったり、捜査がいまだ継続中だったりすることから、自称オンライン探偵や陰謀論者の間では、2016年の米大統領選へのロシアの関与が、これらの死に絡んでいるという推測さえある、と報じている。

                                                                                                                 

 一方、ワシントン・ポスト紙(WP)は、9ヶ月で7人の外交官が死亡していると報じる。CIAに23年間勤めた諜報と防衛の専門家、ロルフ・モワット-ラーセン氏は同紙に対し、「プーチン大統領が法の支配の外でのオペレーションを行っていることに議論の余地はない」とし、アメリカのスパイと妥協したロシアのエージェントは、歴史的に見て消されることになっていると説明する。同氏は、死亡した外交官たちがスパイだったと言いたいわけではないとしつつも、外交官を殺すということはロシアでもまれだと指摘し、本当だとすれば大ニュースだと語っている。

 エスクァイア誌は、死亡した4人の大使に言及し、それぞれの死に関連性があったという証拠はないが、みな長期にわたりシニアレベルでロシアの外交に海外で貢献してきた人々だった説明している。さらに、「海外にいて重要な立場」に就いていても、プーチン政権においては安全ではないと述べ、2006年に亡命先のイギリスで放射性物質により毒殺されたとされる、元ロシア連邦保安庁の幹部、ビクター・リトビネンコ氏の例を上げている。

Text by 山川 真智子