驚きのペースで解けているグリーンランドの氷 想定される最悪の事態は?

Felipe Dana / AP Photo

 トランプ大統領が買いたいと発言し、注目を集めるグリーンランド。長い年月をかけて作られた分厚い氷に覆われた土地だが、今年になって想定を上回る大量の氷が解け出していることが確認されている。気候変動や温暖化の影響と見られるが、もはや打つ手はなく、各地で海面上昇の危機が現実になりつつある。

◆消える氷、融解の速度に科学者も驚く
 この夏グリーンランドは記録的な暑さを記録している。APによれば、夏の終わりまでには4400億トンの氷が解ける、または巨大な氷床から分離されるという。これはギリシャの国土全体を35センチの水で満たすのと同じ量だ。

                                                                                                                 

 7月31日から8月3日のたった5日間で、580億トンの氷が地表から消えた。この時期のこれまでの平均を400億トン上回る量だ。氷河の下部では温かい水による浸食がさらに進んでいるとも考えられている。グリーンランドの氷を観測している科学者たちのなかでは、人類が作り出した気候変動と、異常な天候のパターンが今年の氷の融解につながっているという見方がある。ニューヨーク大学の科学者デビッド・ホランド氏とNASAのジョシュ・ウィリス氏は、北アメリカのメキシコ湾流から来る温かい海水が、以前にも増して氷の融解を早めているのではないかとしている(AP)。

Text by 山川 真智子