消えゆく島に40年間木を植え続けた男、セントラルパークの1.6倍の森を作る

bijitdutta.com / Shutterstock.com

 インドのアッサム地方の川に囲まれた小さなマジュリ島は土壌の浸食によって縮小化が激しく、消えてなくなるところだった。猛暑から緑もなくなり動物も去り、死の島になっていた。しかし、1979年、当時16歳だった少年が植樹を始め、40年かけて島を再生させ緑を取り戻し、ベンガルタイガーなどまでもが生息するようになった。少年は橋の渡されていないマジュリ島に小舟で渡り、土地を耕し毎日一本植物を植えた。そして今、マジュリ島はニューヨークのセントラルパークを超える広さの森に生まれ変わった。この事実が世間に知れ渡ると、世界中のメディアが今は50歳を超えた少年ジャダブ・パイェン(Jadav Payeng)氏の偉業をたたえた。

◆死に絶えていく蛇を見て生涯の目標を立てる
 チベットから発してバングラデシュでインドのガンジス川に合流するブラマプトラ川。激しいモンスーンからの川の氾濫を防ぐことを目的にしたマジュリだったが、土壌の浸食によって70年間で昔の面積の半分以下になってしまっている。

                                                                                                                 

 ジャダブ氏は16歳だった1979年に、自然が消え暑さで死んだ蛇たちが川を流れて陸に打ち上げられたのを見て、人間の命も同様に絶える様子が浮かび自然を守る決意をした(NPR)。

◆政府の政策よりも伝統的な方法が自然を守る
 ジャダブ氏が40年で植林をした広さは約550ヘクタールで、340ヘクタールのニューヨークのセントラルパークの約1.6倍にあたり、一人で成し遂げるにはいかに壮大な緑地計画かがわかる。マジュリ島では植えた植物に水をたっぷり与え、土で苗を挟みこんだ。

 ジャダブ氏は、政府の土砂崩れ対策よりも、自然な方法で土壌の浸食を防ぐために食物を植えていくほうが効果的だと思った、とBBCに語っている。現代の植林技術を使わずとも一本の植物が育つことによって新たな苗が大地に生き残れる強い土壌を作り上げている。砂しかなかったマジュリ島にはコットンや竹をはじめありとあらゆる種類の植物が育っている。植物学者の学位を与えられるべきだという意見もある。

 2014年には『Forest Man(森の男)』という題名のドキュメンタリーも製作され、カンヌ映画祭などをはじめショートフィルム部門で受賞している。

 今もモンスーンで地形が崩れ縮小を続けるマジュリ島だが、自然の力と人間の努力によって生き続ける。人類の将来を守ろうと誓った少年のことを知り、私たちも自然を保護するために一人一人の努力が必要だと再認識させられる。

Text by 安藤麻矢

Recommends