韓国、同性愛嫌悪が感染対策の妨げにも クラブ集団感染

Ahn Young-joon / AP Photo

 積極的な大量検査と接触者追跡で新型コロナウイルスの国内での感染を見事に食い止めていた韓国だが、ソウルの繁華街、梨泰院(イテウォン)にあるナイトクラブから集団感染が起きていたことがわかった。ゲイバーを利用した男性から感染が広がったと報じられ、同性愛者に対する風当たりが強まっている。

◆コロナの優等生に異変 夜の街でクラスター
 このクラスターの最初の感染者は29歳の男性だ。韓国では4月30日から5月5日は連休となっていて、この男性は5月2日に梨泰院の5つのナイトクラブとバーを訪れたとされる。6日になって検査で陽性と確認され、調査の結果、客や家族など100人以上の感染が確認された(AP)。

 シンガポールのストレーツ・タイムズ紙によれば、この男性は海外渡航もせず、過去に感染した人との接触もなかったという。クラスターは複数のクラブにわたっており、感染者のなかには明らかに男性とのつながりがたどれない人もいるという。梨泰院の51件のクラブのうち9件で感染が確認されている。多くの梨泰院のクラブは地下にあり換気が悪い。入店者は踊り、酒を飲み、互いに近づいてマスクなしでおしゃべりをする、いわゆる3密になっていた。

 韓国では感染者の減少を受け、5月6日から厳しいソーシャルディスタンシングのルールが緩和され始めたところだった。APによれば、突然の感染者急増で、ソウルをはじめほとんどの都市では、ナイトクラブの一時閉鎖が命じられた。予定されていた学校の再開も1週間延期されている。

Text by 山川 真智子

Recommends