子供の自傷行為が深刻になるイギリス 14歳女子の22%が過去1年に経験

palidachan / Shutterstock.com

 2018年8月、BBCをはじめとした英国の各メディアが「1万1千人の14歳にアンケートした結果、22%の女子が過去1年間に自傷行為をしていた」と報じた。男子で自傷行為をしていた割合は9%で、この結果を踏まえてイギリス全体として推測すると、14歳のうち、女子7万6千人、男子3万3千人の計10万9千人が、2015年に自傷行為をしていたとみられる。

◆自傷行為、女子に多い
 このアンケート結果は、1881年設立で歴史ある民間チャリティー団体、児童協会(Children’s Society)が発表した「The Good Childhood Report 2018」で明らかになった。自傷行為というとリストカットが思い浮かぶが、英国王立精神科医学会(Royal College of Psychiatrists)も説明するように、火傷をする、頭をぶつける、叩く、体を刺す、錠剤を過剰に摂取するなどの行為も含まれる。BBCによれば、児童協会のマシュー・リード氏は、こんなに多くの子どもたちが自傷行為に至ってしまうほど気が重い状態で非常に心配だと述べている。

                                                                                                                 

 イギリスで女子に自傷行為が目立つことは、ほかのデータからもうかがえる。ガーディアン紙がNHS(国民健康保険)から得た情報によれば、17歳以下の女子(イングランド地方)で自傷行為のために入院した数は、2005~6年の1万500人から2015~6年の1万7,500人に増え、10年で68%も上昇した。男子の10年間の増加率は26%だった。錠剤やアルコールなどを過剰に飲んで体に支障をきたしたこれらの女子は、10年で、9,700人から1万4,600人になり約50%増加、皮膚を刃物で傷つけた女子は、600人から2,400人になり約300%増加した。

 自傷行為一般に関してさまざまな調査が行われているが、王立精神科医学会は、こういった調査結果は、自傷行為をして医者や病院に行った場合の統計であることが多く、多くの人たちは自傷行為を隠していて助けも求めないとしている。

 同記事では、学術的な調査が増えて、女子の間でメンタルヘルスの問題が多く見られることがわかってきたが、この傾向は、若者の間でソーシャルメディアの使用が爆発的に増えたここ5年と重なっていると指摘している。

Text by Satomi Iwasawa

Recommends