話題動画:はぐれイッカクを「養子」にしたシロイルカの群れ カナダ

DejaVuDesigns / Shutterstock.com

 若いオスのクジラが、好奇心からか単独で泳ぎ回って群れからはぐれてしまうことはめずらしくないようだが、結果は必ずしも芳しくない。寂しくなってしまった迷子のクジラは人恋しさから漁船などに近づいてしまい、スクリューに接触して死んでしまうこともあるからだ。ベルーガの群れに保護されたこのオスはラッキーだったようだ。

 同団体の所長によると、10匹近いベルーガとイッカクはぴったり寄り添って泳ぎ、常に互いの体をこすりつけあっているが、この行為はベルーガだけの群れのそれとまったく同じで、イッカクがベルーガの群れに完全に同族として受け入れられていることを示している。また、イッカクはベルーガのように泡を吹いたりもするようだ(CBC)。

次のページ 更年期障害のある動物?




Text by モーゲンスタン陽子

Recommends