生ごみ、注射針、排泄物……汚れるサンフランシスコ 繁栄の陰で進行する問題

mikeledray / Shutterstock.com

 サンフランシスコは、坂道を走るケーブルカー、ゴールデンゲート・ブリッジなど、美しい景色で観光客を魅了してきた街だが、今深刻なゴミ問題に悩まされているという。ダウンタウンの歩道には、普通のゴミだけでなく注射針や人糞が至る所で見られ、公衆衛生上深刻な問題となっている。市はゴミ収集の予算を増やし対応しているが、背景にある問題を解決しない限り、ゴミ問題に終わりはないという指摘もある。

◆歩道に散らばるゴミ 衛生上の懸念広がる
 歩道を汚すゴミ問題に着目した地元のNBCベイエリアは、サンフランシスコのダウンタウンの153ブロックでゴミ調査を行った。これらの地域はユニオン・スクエアや主要なホテルなどがある観光客に人気の場所が含まれており、市庁舎、学校、警察などの施設もある街の中心地だ。3日間にわたる調査で取材チームが見つけたのは、紙くず、食べ物、がらくたを含んだごみの塊、さらに100本の使い捨てられた注射針、300以上の放置された人糞だったという。

                                                                                                                 

 伝染病の専門家であるカリフォルニア大学バークレー校のリー・ライリー博士は、捨てられた注射針が誤って刺されば、HIV、B型肝炎、C型肝炎、その他のウイルス性疾患に感染してしまうと憂慮する。また、乾いた人糞からロタ・ウィルスなどの危険なウイルスが放出され、空気中を浮遊するウイルスを吸いこむことで感染してしまうとも指摘。サンフランシスコの一部の地域は、ブラジル、ケニア、インドなどのスラムよりも汚染されているとも述べている(NBC)。

◆単なるゴミ問題ではない その原因とは
 ゴミや汚物の路上放置の背景には、ホームレスの増加があると米メディアは指摘する。米公共ラジオ網NPRは、主要テクノロジー企業の拠点となり都市部の広がるカリフォルニアでは、手ごろな価格の住宅が不足しており、それがホームレスの増加につながっていると説明する。サンフランシスコ市の公共事業部門のディレクター、モハメッド・ヌル氏によれば、市ではここ5年ほどホームレスへの対策費を増やしている。これも手伝って、同様の住宅難が進行する他の西海岸の都市から、さらなるホームレスの流入が起きているという。

 サンフランシスコ市の人口は88万4000人だが、市の調査では7499人のホームレスが確認されており、その49%近くはダウンタウンの周りで見つかっているという。サンフランシスコ市のロンドン・ブリード新市長は、路上に住むホームレスにはトイレなど必要なリソースがないことを指摘。また、手ごろな価格の住宅の欠如、精神衛生をケアするシステムが不十分なことも含め、さまざまな要素がホームレス危機に関係しており、結果として注射針、人糞、ゴミなどが世界最悪のスラムと比べられるほど街を汚す事態となったとしている(ビジネス・インサイダー誌)。

◆影響は他にも拡大 求められる根本的解決
 ゴミ問題の影響はさまざまなところに広がっている。注射針や排せつ物などは、児童が歩く歩道にも散らばっており、それらに触れることの危険を未就学児にまで教えなければならなくなったという教師の嘆きをNBCは紹介している。

 衛生上の懸念から、シカゴを拠点とする医療組織が1万5000人を集めて開く予定だった大イベントがキャンセルされたと、サンフランシスコ旅行協会が発表している。同協会によれば、2017年に観光客がサンフランシスコ市で使った金額は90億ドル(約1兆円)以上で、観光業への影響も懸念されている(NPR)。

 サンフランシスコ市の来年度予算案での道路清掃費は、7100万ドル(約80億円)に上る。予算は5年間で倍増しており、前出のヌル氏は、半分が歩道の注射針や汚物の清掃に使われると見ている。本来、歩道の清掃は市の業務ではなく歩道に面する土地所有者の仕事だが、あまりに状況がひどいため、市が肩代わりし清掃を強化しているという(NBC)。

 一方、サンフランシスコ市のスーパーバイザー(監督委員)、ヒラリー・ローネン氏は、今必要なのはホームレスのためのシェルターだと主張し、一時的でも寝床を確保することで、路上で暮らすホームレスの数を減らすことができるとしている。同氏は、ゴミ問題の根底にあるホームレスという社会問題に取り組まない限り、解決策はないと述べている(NBC)。

Text by 山川 真智子

Recommends