「ファスティング」ダイエットで本当に痩せるのか

◆「ファスティング」ダイエットに効果はあるのか
 インターミッテント・ファスティング・ダイエットは、最低6カ月続ければ体重を減らす効果がある。毎日のカロリー摂取を制限する他のダイエット法ほどの効果はないが、「断食」ほど厳しくはない。

 この結果と一致するのが先週(編注:原文記事が発表されたのは2017年5月7日)発表された研究で、6カ月間、オルタネイトデイ・ファスティング、継続的なエネルギー制限ダイエット、介入なしのグループに成人100人を無作為に割り付けた。その後、さらに6カ月続けられたが、1年後、グループ間の体重減少に差は見られなかった。

 そして、体重管理のための行動介入と超低エネルギー食療法を取り入れた行動介入を比較した調査によると、2年間で、超低エネルギー食療法を取り入れた方の体重減少効果がやや高かった。

◆ファスティング・ダイエットに向かない人
 ファスティング・ダイエットは万人向けではない。重い疾患のある人やインスリンなどの薬物療法を受けている人は、医師の指導がない限り始めるべきではない。子ども、妊婦、摂食障害のある人には適しておらず、精神の健康状態に悪影響を及ぼす恐れがある。

 また、ファスティング・ダイエットは副作用を伴うことがある。「ファスティング」日数が多いほど、副作用が起きる確率は高くなる。副作用には、便秘、頭痛、口臭、胆嚢疾患、痛風、肝炎などがある。

 体重を減らすダイエットを始める前に、医師の診断を受けよう。食習慣の改善にさらにサポートが必要なときや、続けているダイエットの効果がなくなったら、他の方法を試す必要がある。認定食事療法士(Accredited Practising Dietitian)のアドバイスを受けてみるのもいい。

◆体重を減らすのに最適なダイエットとは
 健康的な体重の達成に近づく最適なダイエットは、続けられるものだ。気分や健康を向上させる効果も期待できる。

 ずっと続けられるよう普段の食習慣を改善することで、きっと体重は減る。理想の体重ではないかもしれないが、実現する可能性が高い。格好よくないと思うかもしれないが、これは本当だ。


This article was originally published on The Conversation. Read the original article.
Translated by Naoko Nozawa
photo Pavel Bobrovskiy/shutterstock.com

The Conversation

Text by The Conversation

Recommends