金正恩氏、キムチ作りに科学を応用 「キムチ・アナライザー」で分析

Nokuro / Shutterstock.com

 金正恩委員長は、キムチ作りの伝統技術を最新科学に転換したいと考えている。北朝鮮の指導者は、自分の食欲を満たすためならお金を惜しまないようだ。

 平壌郊外、雪で覆われた農場やビニルハウスに囲まれ、金正恩委員長の最新の直営プロジェクトの1つ、柳京キムチ工場が建っている。ここでは、朝鮮地域を象徴する漬け物料理のキムチを年間4,200トン生産している。工場マネージャーのペク・ミヒェ氏によれば、金委員長による最終承認を受けたあと、それまであった古い工場がピカピカの新施設に作り替えられ、昨年6月にオープンした。

 この工場は、北朝鮮の国内経済を底上げし、より多く、より良質な民需製品を生産するための金委員長の努力を強く誇示する役目を果たしている。「並進(ビョンジン)」と呼ばれる彼の国家戦略は、国家経済と核兵器計画を同時並行で発展させることを目指している。

                                                                                                                 

 度重なる地下核実験や米国本土にも到達可能といわれる長距離弾道ミサイルの打ち上げにより、北朝鮮はこれまで以上に数多くの制裁を受けることとなった。しかし外部の専門家は、依然として多くの分野で困難はあるものの、ゆるやかな経済成長と農業生産改善の兆しがあると見ている。核兵器を搭載した大陸間弾道ミサイルの実戦配備まで、あと1、2年もかからないかもしれない。

 北朝鮮の政策立案者たちは、すべての分野で応用科学が必要不可欠だと考えている。

Text by AP

Recommends