「音楽を習うと子供が利口になる」という証拠はない

XiXinXing / Shutterstock.com

著:Giovanni Salaリバプール大学 Cognitive Psychology PhD Candidate)、Fernand Gobetリバプール大学 Professor of Decision Making and Expertise)

 音楽は人類の創造物の中でも、もっとも美しくパワフルなものの1つだ。多くの人が知るように、音楽には力がある。我々は音楽によって喜び、悲しみ、またリラックスし、興奮したりもする。さらに、人気バンドU2のリードシンガーのボノ(Bono)が「音楽は世界を変えることができる。なぜなら、音楽に人を変える力があるからだ」と言っているように、音楽にはパワフルな感情を引き出す力があることも広く知られている。しかし、これはどこまで真実なのだろうか?

 我々は、子供に楽器を演奏させ、特定のジャンルの音楽を聴かせることで、単に音楽的な体験にとどまらない好影響が出ると期待しがちだ。子どもの音楽的才能を育てることは、他の分野でも子供の人生に役立ち、認知能力を向上させられると信じている親や教師および教育者は多い。

 音楽教育が子供の認知能力や学力を高めると主張する研究もいくつか存在する。また、過去には、たとえば、歌や鍵盤演奏が子供の知性や学習に影響を与えるかどうかを調べる実験も行われている。

 しかし、これらの実験結果はまちまちであるため、楽器演奏や音楽とのかかわりが子供の教育に影響を与えるか否か、を決定的に結論付けることはできていない。

 このことを念頭に置き、我々は先日、子供と音楽の関係性に関する科学文献を再調査した。そして、明白な結論に達した。残念だが、音楽が認知力と学力に何らかの利益をもたらすことはまずない。

◆現実を受け止めるとき
 これまでの研究では、子どもに音楽の演奏法を学ばせることで、その子の人生で別の領域に好影響を与え、教育上の利点をもたらすと主張するものが多い。音楽教育は知性や記憶といった一般的な認知能力を「高める」ことができ、音楽以外の認知能力や学力を発達させるのに役立つと考えられてきた。

 この現象は「学習の移転」として知られており、特定の分野で獲得したスキルが他の一般的な認知能力を高めるのに役立つというものだ。そして学習とは、子供の人生におけるある領域から別の領域へ「移転」されると言われている。以前は、たとえば楽器演奏を学ぶことで子どもの数学力を高めるという主張がなされている。

 しかし、我々の再調査では、音楽学習が子供の認知能力や学力を確実に高める、とは言えないことが示されている。音楽技能と優れた認知能力との間にあるのが単なる相関関係である可能性があるからだ。

 簡単に言えば、人はピアノ演奏や合唱での歌唱法を学んでいるからといって、必ずしも賢くなるとは限らない。それよりはむしろ、賢い人は音楽などの知的活動に従事し、それに秀でている傾向がある。音楽家は一般の人より賢いかもしれないが、だからといって音楽技能が他の能力に移転すると証明されたわけではない。

◆歌と踊り
 全般的に、我々の再調査によって音楽教育が子供の認知能力および学力に与える影響は小さいことがわかる。視覚芸術など他の活動と比較しても、音楽学習に有意な利点は見られない。

 このように、音楽学習が、たとえば演劇のレッスンと比較して優位性がないのであれば、今までに確認された恩恵は、恐らく音楽に限ったことではなく、新たな活動に関与する、という行動それ自体によるものだと思われる。

 その理由は、普段と違う(そして楽しい)ことをするというのは、活動の内容にかかわらず、生徒を興奮状態に導くものだからだ。そしてこの興奮状態が、一時的に認知テストや学校のテストでより良いパフォーマンスをもたらすことがある。このことから、音楽教育が真の意味で子供のスキルに利益をもたらすとは言えない、というのが公正だといえる。

 だがもちろん、認知能力や学力向上につながらないとはいえ、音楽が人間の感情や創造性の主要な表現方法の1つであることに変わりはない。音楽は誰もが理解でき、そして楽しむことのできる普遍的な言語だ。このように、さまざまな音楽を教え、演奏し、聴くことには正当な理由がまだ山のようにある。

This article was originally published on The Conversation. Read the original article.
Translated by isshi via Conyac

The Conversation

Text by THE CONVERSATION