「いずも空母化」は第一ステップ? 5隻に向かう中国、「ゆるやかなアプローチ」で追う日本

出典:海上自衛隊ホームページ

◆「空母いずも」は脅威か否か、中国世論も反応
 ハードウエア的な改修以外にも、パイロットやクルーの訓練、発艦方法の検討など、多くの時間と予算が必要になる。そのため、中国の軍事評論家のなかには、いずも空母化計画がただちに中国の脅威になると考えるのは時期尚早だという意見もある。また、旧ソ連の空母を改造した中国の「遼寧」は満載排水量6万7500トンで、単純な大きさの比較では2万6000トンの「いずも」を大きく上回っているため、仮に日本の計画が実現しても大きな脅威にはならないという楽観論もある(香港英字紙サウスチャイナ・モーニング・ポスト=SCMP)。

 中国では、3隻目の空母建設が発表されたばかりのタイミングでもあり、日本の動きも見据えながら、インターネット掲示板を中心に「中国には何隻の空母が必要か?」という議論が巻き起こっているという。中国共産党機関紙・人民日報の英語版グローバル・タイムズは、この問いに対し、「5隻」だという国内識者の見解を報じている。それによれば、中国は、2025年ごろに2隻の原子力空母を完成させ、通常型の3隻と合わせて運用する方針だという。

 ナショナル・インタレストは、2隻の「いずも」だけでは、その中国に対抗するのは難しいが、将来的に「いずも」からステップアップし、日本が英国海軍の「クイーン・エリザベス」と同等の6万5000トン級の空母を保有するのは技術的に十分可能だとしている。同誌は、それらの日本製大型空母を便宜的に帝国海軍時代の「翔鶴」「瑞鶴」と表現。それらは旧ソ連の時代遅れの技術に倣った中国の「遼寧」と違い、日本独自の、そしてアメリカや西側の先進技術を満載した近代空母になるだろうとしている。米空母の協力や「いずも」の経験を生かし、乗員の訓練や運用試験を重ねられるのも中国に対するアドバンテージだとしている。

                                                                                                                 

◆大型空母の保有も「時間の問題」と米誌
 日本の空母保有の壁は、ナショナル・インタレストも「たった一つの障害」だと指摘しているように、技術や予算ではなく、政治的な問題だ。今回の「いずも」改修案の具体化に際しても、平和憲法が禁じる「攻撃型兵器」の保有に当たらないかという点が最大の焦点となった。これについて、自民党は、「攻撃型空母」は、対地攻撃能力を主とする艦載機を搭載するものだと定義。「改修後のいずも型護衛艦は、運用可能な航空機などを勘案すれば、憲法上保有を禁じられるものではない」という文書を交わすことで、懐疑論が出ていた公明党を説得したという。

 ナショナル・インタレストは、「政治的障害であろうと、障害には違いない。“翔鶴”と“瑞鶴”の登場は国内外で大きな反動を呼ぶだろう。実際のところ、そのような障害があることにより、ゆるやかなアプローチが要求されると思われる」としている。その「ゆるやかなアプローチ」は、「いずも」改修計画によって既に始まっていると言えよう。

 一方、「国内外の大きな反動」も、中国外務省が「いずも」改修計画に非難声明を出すなど現時点で既に発生している。シンガポールの識者は、南北朝鮮(韓国・北朝鮮)の反発も招き、日本の空母保有をきっかけに北東アジアの軍拡競争が進む可能性があると指摘。香港の軍事コメンテーターも「第二次世界大戦の日本の侵略の被害者を不安に陥れる」と批判的だ(SCMP)。とはいえ、ナショナル・インタレストは、「日本がいつの日かいずもの後継型(空母)を建造するにあたっては、いくらかの議論はあるだろうが、もはや時期がいつなのか、それがどのような姿になるかという問題でしかない」と結論づけている。

Text by 内村 浩介

Recommends