増えるモロッコ-スペインルートの移民 モロッコの国境警備で非人道的対応

AP Photo / Mosa'ab Elshamy

 国連は10日、マラケシュで行われた会合にて初の移民協定を採択した。多くの難民が、飢え、苦しみ、シラミ、ごみにまみれたカサブランカのキャンプで悲惨な生活を送っている。欧州行きを夢見るサブサハラのアフリカ人たちは、この画期的な協定で扱われた移民問題の象徴の1つである。

 賑やかなカサブランカ・バスターミナル付近にある、サッカー場に建てられた簡易宿泊所に移民が続々とやって来る。彼らはプラスチックや木でできたテントや小屋で寝泊まりしているのだ。

 Oulad Zianeのキャンプでは、食糧や暖房の不足、衛生状態の悪さが大きな問題となっている。シラミの被害や呼吸器系の感染症もはびこっている。

                                                                                                                 

 モロッコは、会合に参加した国々が直面している数々のジレンマを抱えている。欧州への移民を数多く送り出している主要な国であるだけでなく、貧困や迫害から逃れてきた他のアフリカの人々にとっての経由国、さらには一時的な滞在地でもある。

 国連は12月10日と11日にマラケシュで会合を開き、34ページにわたる「安全で秩序ある正規移住のグローバル・コンパクト(移民協定)」を採択した。しかしアメリカおよび一部の欧州諸国は協定に参加しない意向を表明している。

 Oulad Zianeキャンプでは、地中海西部を渡ってスペインに向かおうとするアフリカ系移民が収容されている。イタリアとマルタが地中海東部での密輸取引を抑えて取り締まりを強化しているためだ。モロッコ北部にあるスペインとの国境に向かおうとする移民が続出したが、モロッコ警察により、時に暴力的な方法で連れ戻されている。

 カサブランカにいる間、移民たちは次の機会に密輸業者に支払うお金を貯めようと職探しをしている。

 モロッコ国境警備隊との激しい衝突事件の後、カサブランカのキャンプに新たな集団が加わった。彼らは、スペインの飛び地セウタとの境に設けられたフェンスをよじ登ろうとしたのだ。

「キャンプにいるのは、体力を回復するためです。ここに来て、また出て行きます」と、ギニア出身のIbrahim Bahさん(19)は話している。数日前に手首、腕、背中に外傷を負いながらここに舞い込んだ。

「モロッコ軍の兵士に捕まり、殴られました。友人は腕を骨折です。捕まった後、バスにすし詰めにされました。今回はカサブランカでしたが、いつもは遠い南の方へ連れて行かれます」

 対移民やカサブランカのキャンプでの非人道的な扱いについて政府に確認したものの、回答を得られなかった。しかしモロッコ政府は、自国の移民政策を「模範的」と自賛している。2014年に始まった改革がその代表である。この取り組みに対しては、移民をモロッコに留め置くよう求めているEUが多くの資金を拠出している。

 2014年以降、2万3,096人以上の移民がモロッコでの居住権を認められたほか、当局は現在、さらに2万5,000人分の移住申請を処理している。

 さらに、人種差別反対主義集団Gademによると、2018年7月から9月にかけて6,500人を超えるサブサハラの移民や難民が拘束されたのちバスに詰み込まれ、モロッコ南部やアルジェリアに運ばれた。

 Oulad Zianeキャンプにいる移民の中には、モロッコ最南端の都市ティーズニートでバスから降ろされ、そこから100時間も歩いてやって来た者もいる。

「この危険な旅に終わりはありません。恐怖の連続です。通りを歩いていると逮捕され、モスクに行っても逮捕されます。まるで犯罪人の気分です」と、セネガル出身のJiane Jbrahimaさん(22)は話している。

 タンジェに5年間住んでいたJbrahimaさんは、アムネスティ・インターナショナルが「数千人ものサブサハラの移民、亡命希望者、難民に対する取り締まり」とした被害を、他の多くの移民たちとともに受けた。

 北部地域で拘束された移民たちは当時、2つあるタンジェの警察署に数日抑留された後にバスで南部に連れて行かれた。

 Gademによると、この拘束は「完全に恣意的で、法的根拠もない」、「どの段階でも、裁判で弁明する機会を与えなかった」という。

 モロッコを拠点としているスペイン人活動家のヘレナ・マレノ氏は、移民に仕事や医療へのアクセスを提供するという現実的な変化があれば、EUが支援するモロッコの組織的取り組みは機能すると話している。

「施策自体は優れているのですが、あまりにも対応が小ぶりのため移民たちが直面する厳しい現実を変えられません。こうなるのは、施策の目的が実は移民の支援ではなく、彼らを欧州に近づけないことでEUに媚びを売ることだからです」

 モロッコ・スペインのルートで欧州に渡る移民の数が増えるにしたがい、サブサハラのアフリカ人移民はまず、モロッコを目指そうとする。それによりモロッコの国境警備に圧力がかかる。

 EUは今夏、不法移民の流入を阻止するためモロッコに2億7,500万ドルを支援したことで、「欧州に向かおうとする移民にモロッコがより暴力的な手段を取るようになった」とマレノ氏は話している。

 政府のムスタファ・エル・カルフィ報道官によると、今年は6万8,000人もの不法移民を欧州に渡らせなかった。

 カサブランカのキャンプに住む移民たちは、今度大がかりな送還があるかもしれないという噂を気にしつつ、一日の大半をみすぼらしいテントの中で大麻を吸い、何年にも及ぶ不安から負わされた心の傷について語りながら過ごしている。

「ラジオのニュースを聴いていると、ここにいる私たちの状況は悪くないようです。現在起きていることに世間は無関心なのか、それとも私たちをただの愚か者だと思っているのかは、よく分かりません」と、ギニア出身のMohamed Rafiou Barry(22)は言う。「たとえ40年が経っても、何度もバスに乗せられ、殴打され、ゴミ箱から食料を漁った日のことは忘れないでしょう。これほど酷いことを忘れることはありません」

By AMIRA EL MASAITI, Associated Press
Translated by Conyac

Text by AP

Recommends