ISの「首都」ラッカ陥落 新たな局面を迎えるISとの戦い

Asmaa Waguih / AP Photo

【レバノン、ベイルート・AP通信】 10月17日、アメリカ軍が支援するシリア民主軍(SDF)が、一度は自称カリフ制国家のイスラム国(IS)が「首都」と称したシリア北部のラッカを奪還したとして、荒廃した街で勝利を祝った。

 2014年、ユーフラテス川沿いの活気に満ちた大都市ラッカは、武装勢力に制圧された。その後、街は敵対勢力が斬首され、テロ作戦が生み出されるなど、残酷な支配の中心地へと変貌した。

 それから、アメリカ率いる連合軍が幾度となく空爆を行い、また4ヶ月以上にわたる地上戦を経て、ようやくシリア民主軍がラッカを取り戻した。これにより、一時は広大な領地を有した武装勢力の支配地域は、シリアやイラクの一部の町へとその範囲を縮小し、ISとの闘いは新たな局面を迎えた。

「ラッカの解放は、人道主義、とりわけ女性の人権の勝利である」と、シリア民主軍の政治幹部であるイリハム・アーメド氏は話した。ISによって最も苦しめられたのが女性なのだ。

 アーメド氏はラッカの北にあるエイン・イサの地で、AP通信に対し「尊厳ある人生を生きたい、という思いの救済であり、暗黒勢力にとっての敗北だ」と語った。

 シリア民主軍の戦闘員はアルナジム広場(パラダイススクエア)で歌い、高機動多目的装輪車や装甲兵員輸送車を走らせ、警笛を響かせ、黄色の軍旗をはためかせ、その勝利を祝った。

 アルナジム広場は、武装勢力が公開斬首などの処刑を行った場所として知られる広場だ。のちにその場所を「ヘルスクエア(地獄広場)」と呼ぶようになった住民の話によると、殺害された遺体や切断された頭部は、数日間、罪名が記載された状態でそこに放置されたという。

 この広場は、武装勢力に支配されて以降、壊滅的な被害を受けた街の象徴だ。勝利を祝って走り抜けるシリア民主軍戦闘員の背後には崩壊し、崩れ落ちた建物が連なっていた。アルナジム広場といえば、2014年に過激派が戦車や軍用機で行進して武力を誇示し、その後の行動を不吉に予告していた場所だ。

 シリア民主軍の司令官はその後、ラッカのスポーツスタジアムを訪れた。ここはISによって、悪名高い刑務所へと姿を変えていた。降伏を拒んだ大勢の武装勢力がここで最後の抵抗を試み、17日にこのスタジアムに潜伏した。

 シリア民主軍の制服に身を包んだ人々が、男女ともに「不滅の殉教者たちよ!」と唱え、ラッカのために戦死した同志たちに敬意を表した。連合軍によると、ISとの戦闘により、1100名の民主軍戦闘員がラッカおよびデリゾールで命を落としたという。

 タラル・シロ准将は、同日朝、「ラッカでの軍事作戦は終了した。これからは街に潜伏するテロリスト掃討および地雷撤去作業を始める」とAP通信に対して話した。

 シロ氏によると、正式なラッカ陥落宣言は、同部隊がすべての任務を完了してから行われる予定だという。

 バグダッドを拠点とするアメリカ主導連合軍のスポークスマン、ライアン・ディロン大佐は「ラッカの90%以上が掃討された」と話すにとどまり、より慎重な姿勢を見せた。彼は、まだ街には100名程度のIS武装勢力が残存していると推計し、掃討作戦にあたるシリア民主軍は今後「反逆勢力の潜伏地」に遭遇するだろう、と述べた。

 ラッカでの戦いでは、1000人を超える市民が亡くなり、その多くはここ数ヶ月に及ぶ連合軍による空爆によるものだ。さらに、今後家に戻れたとしても、自宅が廃墟と化している人が大勢いる。連合軍、そして脱出に成功した住民は、市民を「人間の盾」とし、街から避難するのを妨げた武装勢力を非難している。

 戦闘によってどれほどの人道的惨事が起きたのかを想起させることとして、国際的慈善団体のセーブ・ザ・チルドレンは、避難民用のキャンプが、ラッカを逃れた数万人の住民で「溢れんばかり」だと話した。

 ラッカ住民のうち、約27万人が、今も援助に頼る状況にいるという。ラッカおよびその周辺は壊滅的で多くの家族が住むところもないため、今後数ヶ月あるいは数年にわたって難民キャンプに滞在すると考えられる。世界食糧計画は、同地域の安全性が確認されれば、すぐにでも救援チームを送る用意があると述べた。

 シリア民主軍幹部のアーメド氏は、今後、ラッカの統治と再建が最も難しい課題になる、と話した。同グループは街を再建するため、地元の民間人による統治を計画しているが、大きな問題も残る。

 シリア民主軍は多民族で構成された軍隊だが、クルド系の指導部は、シリアのクルド人地区の自治権を獲得したいという野望を抱いており、アラブ人が多数を占めるラッカも今やそこに含まれている。これは、同市にいるスンニ系アラブ人の反発を招く可能性があり、懸念が広まっている。

 対IS連合軍を担当するブレット・マクガーク米大統領特使は、シリア北部を訪れ、17日にラッカ市民評議会および再建委員会のメンバーと会談した。

 また、活動家によるニュース機関「FuratFM」によると、ブレット特使は各民族の指導者らと面会し、民族間の軋轢はバッシャール・アサド大統領に利用される恐れがあるため、それを防ぐためにもシリア民主軍と緊密に連携していくように要請した。

 目下の課題のひとつが、ラッカに埋まる地雷や仕掛け爆弾の撤去だ。ここ数日の間にも、街に戻った市民やシリア民主軍指揮官が犠牲になっている。16日に殺害された人の中には、民主軍の治安部隊長も含まれていた。

 軍が抱える問題は他にもある。市内全域に武装勢力が掘削したトンネルがあり、それを探索しなければならない、とディロン氏は言った。

「この街が完全に浄化された、と言えるまでにはまだ時間がかかるだろう」と彼はAP通信に語った。「我々は、まだ小規模な潜伏地に(ISの)戦闘員が残存すると考えている」。

 ディロン氏によると、ラッカ陥落により、武装勢力は人材登用および計画立案の主要拠点を失うことになるという。ラッカには数百名もの外国人戦闘員が集まり、そして、中東やヨーロッパを標的としたテロ計画が練られていたのだ。シリアの武装勢力は北東部のデリゾール県はるか南部を中心に、依然として活発に活動している、と同氏は述べた。

 ここ数ヶ月、イラク第2の都市モスルを含め、ISは徐々にイラクやシリア国内の支配地域を奪取されている。また、シリア政府軍も主にデリゾール県に向け、同時に複数部隊による攻撃を展開しており、ISはここでも多くの領地を奪われている。

 シリアの国営通信社によると、政府軍とロシアおよびイランの支援を受ける同盟軍は、過激主義の拠点であったデリゾールのムハッサン、ブアマール、ブーレイルといった村を奪還した。

 イギリスを拠点とするNGO組織の「シリア人権監視団」もまた、政府軍がデリゾール市内の90%以上を支配していると報じた。そこでは、残りのIS支配地域を奪取するため、大規模な攻撃が繰り広げられている。

 ラッカでの戦闘が開始したのは6月。シリア民主軍は武装勢力の激しい抵抗を受けた。最後の攻撃が始まったのは、300名近くのIS戦闘員が降伏した後の15日。そして16日、アラナジム広場が陥落した。

 17日にはシリア民主軍が病院を押さえ、最後の黒いIS旗を奪った、とクルド系報道機関「Hawar」が報じた。Hawarの動画には、病院の周囲に無数の弾丸や部分的に炎で黒く焦げた跡など、衝突の様子が映し出されていた。

By SARAH EL DEEB and ZEINA KARAM
Translated by isshi via Conyac

Text by AP

Recommends