“フェイスブックの希望”インスタグラム、新機能「フォーカス」発表

tanuha2001 / Shutterstock.com

 画像共有アプリのインスタグラムは、新機能「フォーカス」を発表した。同アプリをより魅力的にする新機能は、ユーザをますます画像共有に熱中させることが期待されている。

◆画像をよりクールに見せる新機能
 インスタグラムは4月10日、プレスリリースにおいて新機能「フォーカス」を発表した。同機能はアプリからカメラを起動して、撮影ボタンの下に表示された「SUPERZOOM」のとなりにある「フォーカス」をタップすると利用できる。使用すると、撮影画面に人が写っている場合、自動的にフォーカスが合い、人の背景がぼやける効果が得られる。こうした機能はiPhone SE、6S、6S+、7、7+、8、8+、X、そして一部のアンドロイドスマホで利用できる。なお、同アプリのバージョン39.0にアップグレードすることで利用可能となる。

                                                                                                                 

 今回のアップデートでは上記機能のほかにiPhone・iPad限定で「@メンション」というスティッカーも追加された。このスティッカーを使うと、撮影した画像に同アプリのユーザアカウント情報を埋め込むことができる。埋め込んだスティッカーは表示位置を動かせるほか、拡大縮小、そして回転も可能だ。

◆無傷のインスタグラム
 新機能を論評したテック系ニュースサイト『テッククランチ』の記事では、フォーカス機能で撮影した画像と同機能とよく似ているiPhone Xのポートレートモードで撮影した画像を比較している。これらの画像を並べて見ると、フォーカス機能で撮影した画像は、iPhone Xのポートレートモードで撮影した画像に比べて人の顔の輪郭が若干ぼやけていることがわかった。ところで、iPhone Xのポートレートモードは同スマホに実装されたふたつのカメラレンズを利用しているのだが、インスタグラムのスポークスパーソンによると、フォーカス機能は「背景分割技術と顔認識技術を活用している」とのこと。こうした仕組みにより、カメラレンズがひとつのスマホでも同機能が可能となっている。

 同記事では、同機能はユーザに競合アプリであるスナップチャットよりインスタグラムを選ぶ新しい理由を提供する、とも評している。さらには、個人情報流出により信用が揺らいているフェイスブックとは対照的に、実は同社の子会社であるインスタグラムは全くの無傷を保っていることも指摘している。

◆フェイスブックの生命線?
 偶然にもインスタグラムの新機能が発表された日と同じ4月10日、ブルームバーグは「インスタグラムはフェイスブックの一番の希望のようだ」と題した記事を掲載した。同記事では過去から現在にいたる両社の関係を考察している。2012年、当時は13人の社員しかいなかったインスタグラムをフェイスブックが7億1,500万ドル(現在の765億円に相当)で買収して以来、調査会社Eマーケターによるとインスタグラムはフェイスブックの年間収益の18%に貢献するほどに成長した。これほどまでに同社が成長できた秘密は、インスタグラムとフェイスブックは互いのユーザの個人情報を活用できたからのだ。

 しかし、一連のフェイスブックの騒動を受けて、同記事は「インスタグラムはフェイスブックに頼ることで成功してきたが、今やフェイスブックの方が生き延びるためにインスタグラムに頼るかも知れない」と評している。そして、インスタグラムのCTOであるマイク・クリーガー氏がフェイスブックが犯した失敗を繰り返さないように注意してインスタグラムを世界に広めるために働いている、と語ったことを伝えている。

Text by 吉本 幸記

Recommends