発展を遂げる人工知能 新冷戦の兵器に

DiegoMariottini / Shutterstock.com

著:Jeremy Straubノースダコタ州立大学 Assistant Professor of Computer Science) 

 現在の地政学的な情勢は、1980年代と混同されてもおかしくない状況である。アメリカとロシアが内政干渉を受けていると相互に告発している。ロシアがアメリカの反対を押し切って領土を拡大し、軍事衝突の懸念が高まっている。

 第二次世界大戦後の冷戦時代を通して、各国は発展した技術に基づいて武器の開発・製造を続けている。冷戦時代には、核ミサイルが選ばれてきた。今日では武器はソフトウェアで、コンピュータシステムへの攻撃にも、現実界を標的としての攻撃にも使われている。

                                                                                                                 

 ロシアでは人工知能の重要性が再び論じられるようになっているが、これには全うな理由がある。ソフトウェアの発展に伴い、人工知能は人間よりも多くのデータに基づき、より早く決断を下すことができるようになるだろう。ドローン自動運転車サイバーセキュリティに勝るとも劣らない多様なAIの活用法を研究する者として、私は世界がAIによって新たな冷戦時代に向かっているか、もしくはもう突入しているかもしれないと懸念している。そしてその懸念は私だけのものではない

◆現代の冷戦
 1940、50年代の冷戦と全く同様、両国がそれぞれ技術発展で相手に遅れを取ることを恐れる理由がある。モスクワ近郊にある戦略ロケット専門学校(Strategic Missile Academy)で近頃開かれた会議で、ロシア大統領のウラジーミル・プーチンはAIがアメリカ-ロシア間のバランスを取り戻し、パワーシフトを起こすための手段となりうると提言した。アメリカがロシアの10倍もの資金を投じてきたため、この力の不均衡が生じたと述べている。ロシアの政府系メディアであるロシア・トゥデイ(RT)は、AIが「ロシアが防衛面でアメリカを打ち負かす鍵である」と報じた

 この言説は、アメリカとソビエトが地球の全人口を何度も全滅させられるほどの核兵器を作り上げた冷戦時代のものとそっくりである。この軍事競争は、相互確証破壊という概念を作り出した。どちらの国家も、自国が破壊される恐れを無視して戦争を開始することができない。代わりに、双方が武器を保持しながら、小規模な軍事衝突や政治的紛争によって間接的に争った

 今日では冷戦の終了から30年以上が経ち、アメリカとロシアは数万発の核兵器を廃止してきた。しかしながら両国間の緊張は高まっている。現代の冷戦にはサイバー攻撃と核兵器による同盟国での紛争への関与が含まれるだろう。それはすでに起こっている。

 両国は相手国の外交官を除名した。ロシアはクリミアの一部を併合した。トルコ・シリア間の国境での戦争は、アメリカとロシアの「代理戦争」とさえ呼ばれている

 アメリカ・ロシア両国をはじめ、多くの国が未だに核兵器を保持しているが、大国によってそれらが使われることは現在でも非常に考えにくい。しかし最近、それらの国による核兵器の使用に対する社会的関心が高まっていると報告されている。

◆サイバー紛争の世界
 しかしながら、サイバー武器、とりわけAIによって動かされている武器は、双方から公正な攻撃手段であると認識されている。

 ロシアおよびロシアの支援を受けているハッカー電子的なスパイ行為を行い、発電所銀行、病院や交通システム、そしてアメリカの選挙に対し サイバー攻撃を行った。ロシアのサイバー攻撃者たちはウクライナと、アメリカの同盟国であるイギリスドイツを標的にしている。

 アメリカは無論これに対抗する能力があり、すでに対抗している可能性がある

 プーチンは人工知能が「ロシアだけでなく、全ての人類にとっての未来」であると考えていると述べた。2017年9月、彼は「AIの領域でリーダーとなる国家がこの世界を支配するだろう」と学生に話した。プーチンは核兵器の発射パスワードをコンピュータに渡すつもりはないと言うが、 SF作品ではコンピュータがミサイルを発射する描写がある。プーチンはAIの多様な活用法についても話している。

◆核兵器の制御に使われるAI
 空母や潜水母艦に搭載されている核兵器や、国境付近に設置されている兵器による奇襲攻撃の脅威に対し、いくつかの国家は反撃を含む自衛手段を講じる権限をすばやく判断を下すことができるAIに譲ろうとするかもしれない。

 攻撃を受けた際に、AIは人間の管制官のようにためらったり思いとどまったりすることなくよりすばやく行動することができるだろう。

 迅速に、かつ自動的に反撃を行うことができる能力を示すことで、その国家が反撃の準備ができており、攻撃を行う可能性が十分にあることを仮想敵国に知らしめることができる。これは相互確証破壊が抑止力として効果的に働くために必要なことだ。

◆非核兵器を制御するAI
 また、AIはドローンなどの無人移動機器やサイバー武器を制御するためにも利用されている。無人移動機器は通信が失われた時でも作動しなければならず、制御用AIを搭載する必要がある。さらに、AIによる制御によって、標的となったグループ制御装置を破壊してドローンの攻撃を制止することも防げる。制御機構が物理的にも電気的にも分散されているからである。

 サイバー武器も同様に、通信ができない場所でも作動しなければならない。サイバー攻撃に対抗するためにはとても短時間で反応する必要があるため、AIシステムが最も適しているだろう。

 AIの攻撃は、サイバー上や現実世界でほとんど瞬間的に行われ、人間がなぜ攻撃が必要なのか気づくよりも前に攻撃する判断を下すのである。人間が理解したり分析したりするよりも前に、AIシステムは攻撃目標や手法を変えることができる。例えば、あるAIシステムは工場を攻撃するためにドローンを打ち上げ、防衛するために反応したドローンを発見し、それらのドローンに対しサイバー攻撃を仕掛ける一連の動作を、一瞬の間に行うかもしれない。

◆AIの発展の重要性
 ある国と敵対する国家がすでにAIによる武器を持っているか、または将来持つことが予想される場合、その国家もまたAIによる武器を手にしたいと考えるだろう。AIによるサイバー攻撃が広く行われるのはもう少し先の話だ。

 AIによる摩擦が過熱しないようにするため、デジタル版ジュネーブ条約による世界各国の同意が必要になるかもしれない。その条約があっても、個人の国家主義者のグループ、民兵、犯罪組織、テロリスト、条約から離れた国家等によるAI攻撃は止められないだろう。つまりAIが武器として使われることはほぼ自明なことなのである。そしてたとえ自国の防衛のためであっても、他の国々もAIを武器として使うことがあるだろう。

 ロシアがAIを手にすることによって、AIを持っていない、もしくはAIの発展によるリスクを恐れて使用を制限している国家は、発展したAIを持つ国家と経済的にも軍事的にも競争することができなくなりつつある。発展したAIは軍事だけではなく、国家の経済活動も有利にするので、AIを持たない国家は大きく遅れをとるのだ。しかし最も重要なことは、多くの国々が洗練されたAIを手にすることにより、AIが冷戦時代の核兵器のように攻撃に対する抑止力となりうるということである。

This article was originally published on The Conversation. Read the original article.
Translated by Y.Ishida

The Conversation

Text by The Conversation

Recommends