世界で「ガチャ」規制の動き 賭博か否か問題に スターウォーズゲームがきっかけ

Todja / Shutterstock.com

 ゲームにおいて課金によって貴重なアイテムを入手するチャンスが得られるルートボックス機能(日本で言うところの「ガチャ」)がアメリカをはじめ各国で問題になっており、それを規制しようという動きが活発化している。

◆人気アプリへの実装が発端
 ルートボックスが問題視されるきっかけとなったのは、世界的人気のゲーム『STAR WARS バトルフロントⅡ』をめぐる騒動だった。同ゲームでは、ゲームを有利に進めることができるアイテムをルートボックスから入手できる機能が当初はあったのだが、発売直前に削除されたことで話題となった。スターウォーズをテーマとしたような子供にも愛されるゲームに射幸心を煽る機能を実装することに批判が集中したのだ。テック系ニュースサイト『エンガジェット』によると、この騒動はワシントン州議会にルートボックスはギャンブルか否かを討議する議案が提出されるまでに発展した。

                                                                                                                 

 件の議案書を提出したワシントン州上院議員のケヴィン・ランカー氏(民主党)は、現地紙ニュース・トリビューンの取材に対して「踊るウサギや何かしらのかわいいキャラクターを使って、何でも食らいつくすギャンブルであることを隠しているようなゲームに、子供たちが食い物にされるのが許せないのです」と答えている。議案書には、ルートボックスにはアイテムの出現確率が明記されていないことに対する懸念も書かれている。

Text by 吉本 幸記

Recommends