ホログラムよりきれい 画期的な空中3D映像が登場 どの位置からも見える

Dan Smalley Lab, Brigham Young University / AP Photo

 不朽の名作SF映画「スターウォーズ」の作中に、R2-D2が空中にレイア姫の3D画像を映し出す印象的なシーンがある。次第にこれが現実に近づいている。それに一役買うのが、一粒のちりのような微粒子でできた、最小のスクリーンだ。

 先月24日に発行された科学誌「ネイチャー」によると、ある科学者チームが、空中の目に見えないような微粒子を操作し、ホログラムよりもさらにリアルで鮮明な3D画像を作成する方法を発見したという。今回の研究を主導するダニエル・スモーリー氏は、この新技術について「空中に物体を投影し、すぐに消すことができるものだ」と話している。

 今回の研究で、科学者グループは指の上で踊る小さな蝶と、スターウォーズの例のシーンでのレイア姫をまねた大学院生の姿を映しだした。

                                                                                                                 

 すでにあらゆるホログラムが用いられているが、スターウォーズの名場面を再現するのに最も近い場所にあるのが、この技術だ。

 本研究の参加メンバーではなく、競合する技術に取り組んでいるロチェスター大学のカーチス・ブロードベント教授は、「彼らのやり方は実にクールだ」と語る。「数名の人が輪になって映像を囲んだ場合、どの位置からでもそれを見ることができる。そんなことはホログラムでは不可能だ」。

 ブリガム・ヤング大学の電気工学教授であるスモーリー氏によると、レーザー光を使って細かな微粒子を制御しており、「スター・トレック」に出てくる架空のトラクタービームのようなものだという。しかし、彼にアイデアを与えたのは、また別の映画だという。「アイアンマン」のワンシーンで、登場人物のトニー・スタークがホログラフィック・グローブを着けているのを見た時だ。これは現実にはあり得ない。スタークの腕が邪魔で映像が乱れてしまうからだ。

Text by AP

Recommends