ポリ袋の使用で逮捕も アフリカで広がるプラスチック製袋規制

Roel Slootweg / Shutterstock.com

 レジ袋などのプラスチック製袋は世界中で大量に使用されており、リサイクルのめども立たず環境汚染の原因となっている。各国で使い捨てプラスチック製品削減の取り組みが始まっており、日本の環境省も、小売店などでのレジ袋の無償配布を禁止する法令を制定する考えを示した。有料にすることで使用削減を狙っているが、すでにアフリカ諸国では、プラスチック製袋の製造、使用禁止が広がっている。

◆急速に普及したプラスチック、環境汚染深刻
 ナショナル・ジオグラフィックによれば、プラスチック製の袋が広がり始めたのは1970年代からで、1980年代終わりにはアメリカの食料品店で紙袋に代わってプラスチックのレジ袋が使われるようになり、以後大量に出回ることになった。国連環境計画の推計では、世界で毎年1~5兆枚のプラスチック製買い物袋が消費されているという。

                                                                                                                 

 プラスチック製袋は、海や川を汚すもののトップ5に入っており、誤飲したり絡まったりして犠牲となる動物たちも後を絶たない。AFPによると、途上国では捨てられて町を汚すだけでなく、排水溝に詰まり、マラリアを媒介する蚊の温床となったりもしている。

 大量の使い捨てレジ袋は、先進国のゴミ回収システムさえ脅かす存在となっている。ポリエチレンのリサイクルは容易だが、薄手のレジ袋は機械に詰まりやすく故障につながるため、アメリカでは受け入れる分別施設はわずかだという(ナショナル・ジオグラフィック)。

Text by 山川 真智子