アフガニスタン:今もなお強制結婚の犠牲になる少女たち

Fure / Shutterstock.com

著:Anais Wardak

(訳注:原文掲載日は2017年7月18日)

 今年の初め、アフガニスタンは早期結婚や児童婚の廃絶を目的とした国家行動計画を立ち上げ、「幼な妻」という悪しき慣習に対する先例のない政策に踏み出した。立ちはだかる多くの課題は明確で、政府の実行力は乏しい経過をたどっているが、活動家たちは計画が紙切れ以上に有意なものになることを期待している。

                                                                                                                 

 ガールズ・ノット・ブライズ(訳注:児童婚の廃絶を目指して活動を行う市民団体)の報告によると、この近年、発展途上国では3人に1人の少女たちが18歳を迎える前に結婚させられるという。この悪習はアフガニスタンで特に問題となっており、2016年の児童婚の比率は33%だった。人権擁護団体は、子どもたちが18歳になる前は、いかなる結婚も人権侵害に当たると訴えている。それにも関わらず、アフガニスタンでは現在も児童婚が執り行われている。アフガニスタンの民法では、16歳での結婚は認められているのだ。

 アフガニスタンでは、これらの結婚はカブールなどの大都市よりも概して田舎の地域で行われる。

 国家計画は女性省と情報文化省により発足し、今年4月に採択された。

 アフガニスタンの大統領夫人、ルーラ・ガニは国家計画を最も支持してきた人物の一人で、次のように述べている。

私はアフガニスタンの全ての家族が児童婚と強制結婚を避けることを強く願います。ご息女たちは、若い年齢で結婚すると恐ろしいリスクに直面します。早期の結婚は彼女たちの青春時代や将来の様々な可能性を奪ってしまいます。

 児童婚を廃絶し、教育の機会を促進することは、国連による17の持続可能な開発目標の1つである。

 アフガニスタンの国家行動計画は、執行力においての実績が乏しい。2007年の女性支援のための行動計画 (NAPWA)や、2009年に立案された女性への暴力の排除を目的とする法律(EVAW)、そして全ての女性支援計画の前進である安全保障理事会決議1325(UNSCR1325)の施行を促す計画も成功したとは言えないだろう。

 さらに、早期結婚や児童婚の廃絶を目指すアフガニスタンの国家行動計画は、公には有効でないようである。したがって、政策の立案に関わっていない者にとって児童婚を阻止するための施策が履行されているかや、計画を実現するための構図がどのようになっているのかを理解することは難しい。

Text by Global Voices

Recommends