スウェーデンでも極右政党が躍進か 政権の寛容な移民政策に国民が怒り

Mats Andersson / TT via AP

 ヨーロッパでは極右政党が勢力を強めている。スウェーデンでも極右政党の支持が急速に伸びており、9月の総選挙では大躍進すると予測されている。対照的に100年にわたり第1党の座にある連立与党の社会民主党(以下、社民党)の支持は低迷しており、その原因は移民問題にあると言われている。世界の社会民主主義のお手本となってきたスウェーデンだが、今ポピュリズムの嵐に巻き込まれている。

◆ネオナチ・ルーツでも大人気 反移民で極右政党台頭
 スウェーデン民主党(以下、民主党)は、ネオナチと白人国家主義をルーツとする極右政党だ。反移民、反EUで、妊娠中絶の制限、防衛費の増額を主張する。また、地球温暖化については人類の活動が原因という見方に懐疑的だ(NBC)。世論調査では、9月の総選挙での民主党の得票率は28.5%に達すると予測されている。これに対し、第1党の社民党は前回総選挙から10ポイントダウンの21%にとどまると見られている(ユーロニュース)。

                                                                                                                 

 スウェーデンの失業率は比較的低く、国民の豊かさは欧州でも平均以上で、世界の幸福な国ランキングのベストテンにも入っている。それにもかかわらず極右政党の支持が増えるのは、移民問題が影響しているからだと、ウプサラ大学の政治学者Sverker Gustavsson氏は指摘している(ユーロニュース)。

◆移民を受け入れ過ぎた 国民の不満爆発の引き金に
 スウェーデンは、1990年代のバルカン戦争の頃にも多くの難民を受け入れた。左派の間には、高福祉国家として、それを支える若者が長期的には必要だという見方もあり、リベラルの指標とされるほど寛容な移民政策は、成功を収めたと評価されていた。

 ところが2015年の難民危機の際には、人口約1010万人のスウェーデンは、16万3000人という記録的な数の亡命申請者を受け入れた。現在では受け入れを厳しくしているが、このときの大量の移民の流入が、スウェーデン人の移民に対する不満を噴出させたようだ。

 政府は移民を社会に溶け込ませようとしたが、その努力に疑問符をつけるような統計結果がある。例えば、2017年のスウェーデン人の失業率は4.4%だが、移民のそれは15.3%だ。また、2017年には銃による殺人はここ11年で最高の43人を記録している。これに2015年の移民の大量流入が関係しているという証拠はないが、組織犯罪や暴力は移民の多く住む地域で発生していることは認識されている。

 このような社会の変化に国民は不安を抱いていたにもかかわらず、社民党が率いる政府は移民受け入れがウィンウィンの関係をもたらすと説いてきた。政治が長期にわたり移民問題に対処せず、リベラルな政策をとってきたことが、社民党への信頼低下につながったと、ヨーテボリ大学の政治学者Patrik Ohberg氏はユーロニュースに語っている。

◆古い争点では戦えない 移民問題はまさにポピュリスト向き
 一方民主党は、移民が自国の寛大な公共サービスを損ない、イスラム教徒の新来者が文化を台無しにしてしまう、と主張している。同党の支持者は、社民党は高齢者ケアより移民にお金をつぎ込み、この国の制度を作った人々より来歴数年の新参者の保護に手厚いと批判する(フィナンシャル・タイムズ紙、以下FT)。別の支持者は、自分はスウェーデンを愛しているとし、同党がイスラム教徒の侵略を止めてくれるとNBCに話している。

 FTのインタビューを受けた社民党の政治家は、移民排除という安易な答えを提供するポピュリスト政党の民主党を批判する。しかしスウェーデンの識者たちは、経済が好調な今、有権者は労働問題などの古い争点には興味は持たず、中道左派が答えに窮するグローバル化と移民により強い関心を持っていると指摘し、社民党の苦戦を予測している(FT)。

 ユーロニュースによれば、今のところ極右の民主党と連立を組む意思を示す政党はないため、同党が政権を取る可能性はないと言う。ただ、民主党はEU離脱の国民投票を望んでおり、同党と他の反EU政党が組めば、離脱に向けた強い勢力になるとOhberg氏は指摘する。民主党が大勢力となることはないとしながらも、トランプ政権誕生も予想外だっただけに、自身の今回の見立てが外れる可能性もあると同氏は述べている。

Text by 山川 真智子

Recommends