地元の英雄レブロン・ジェームズを攻撃したトランプ大統領 高い代償を払うことに?

John Minchillo / AP Photo

 オハイオ州第12区で8月7日、パット・ティベリ下院議員が辞任したことによる下院特別選挙が開催される。ティベリ議員は同州コロンバスにあるビジネス系団体「オハイオ・ビジネス・ラウンドテーブル」のCEOに就任するため今年1月16日付けで議員職を辞任した。

◆共和党支持地区で民主党候補が僅差に迫る
 オハイオ州は「スイング・ステート(Swing State)」と呼ばれる選挙激戦区で、2012年大統領選ではオバマ前大統領、2016年大統領選ではトランプ大統領が勝利を収めている。今回特別選挙が行われる12選挙区は伝統的に共和党支持が厚い地区だ。

                                                                                                                 

 しかし、トランプ大統領のロシア共謀疑惑捜査と不人気な政策の数々、そしてそれに伴う支持率低下が進むなかで、今回の選挙では民主党候補のダニー・オコナー氏が意外な大健闘を見せている。米政治情報サイト『RealClearPolitics』によると、6月には9~11ポイントの差で共和党候補トロイ・ボルダーセン氏がリードしていたにもかかわらず、7月26~31日の調査ではその差が1ポイントまで迫っており、現在はほぼ差がなくなっていると見られる。

Text by 相馬佳