「聖母マリアも少女」とわいせつを正当化 上院補選候補の擁護が物議

Renata Sedmakova / Shutterstock.com

 アメリカ南部アラバマ州の上院議員補欠選挙に出馬している共和党のロイ・ムーア氏が、1979年に当時14歳の少女にわいせつな行為をしたと報じられている。これを受け上下院の共和党議員らがムーア氏に辞退するよう求めている中、アラバマ州のある共和党員が聖書の物語を使ってムーア氏の行動を正当化しようし、物議を醸している。

◆聖母マリアと同じ?
 ワシントン・ポスト紙によると、ムーア氏は40年前に4人の未成年女性に性的な関係を求めたという。当時14歳から18歳だった4人は、30代のムーア氏に服を脱がされたりキスされたりしたことを取材で明らかにした。これに対し、ムーア氏は「民主党とワシントン・ポスト紙による必死な政治的な攻撃」と反論し、一連の報道を「フェイクニュース」と言い放った。

                                                                                                                 

 騒動が過熱する中、アラバマ州監査役のジム・ジーグラー氏(共和党)はワシントン・エグザミナー紙とのインタビューで、ムーア氏の疑惑について聞かれた際にキリスト教の聖書に登場する聖母マリア(イエス・キリストの母)と夫のヨセフについて語った。「ヨセフとマリアも例にとってみよう。マリアは少女で、ヨセフは大人の大工だった。彼らが、イエスの親となったのだ」と同氏は述べ、ムーア氏の状況もこれと同じであると主張した(タイム誌)。

 ジーグラー氏はまた、ムーア氏の現在の妻も同氏より14歳若く、彼らが付き合い始めたのも同時期であることを指摘し、「なにも不道徳や不法なことはない。少し奇妙ではあるだろうが」と述べた(ワシントン・エグザミナー紙)。

◆キリスト教徒が激怒
 ジーグラー氏の発言に対し、多くのキリスト教徒が怒りを示している。ホイートン大学の教会コンサルタントと牧師のエド・ステッツァー氏は、「32歳の検察官が14歳の少女にわいせつ行為をした、という現代のわいせつ告発にヨセフとマリアを持ち込むのは、同時にばかばかしく冒涜的である」と語った。また、ニューヨーク市の有名なリバーサイド教会のエイミー・バトラー師は、「未成年者への性的暴行と古代の文化と等しく扱うのは完全に馬鹿げたことだ。(中略)このような人たちから教会を取り上げたくなる」と述べた(ワシントン・ポスト紙)。

 ムーア氏は今年9月に行われた補選予備選で保守強硬派のスティーブン・バノン氏の後押しを得て、共和党指導部の支持候補ルーサー・ストレンジ氏を破った。補欠選挙は12月12日に行われる。

Text by Masaru Urano

Recommends